ソフトバンク 英国ARMを買収

 NHKニュース、ここ2,3日はソフトバンクの、英国ARM社の株式を3,3兆円で買い付けるというニュースをトップに持ってきて大きく報じています。少し前にはLINEの株式上場を大きく取り上げていました。韓国絡みだと扱い方が特別になるNHK。

 ソフトバンクは有利子債が12兆円と云う知識はありましたから、さらに上乗せで借金をするという事に違和感を覚えます。そんな金があるのなら借金を返せと普通なら思います。それに誰がその金を貸すのか(2兆円を自己資金、借金は+1兆円の13兆円)。

 NHKニュースでは

 半導体の分野に参入し、スマートフォンの中核技術を抑えるとともに、今後、家電製品や自動車などあらゆるものをインターネットで結ぶ「IoT」の技術でも主導権を握るねらいがあるものとみられます。
 

 とその背景を解説しています。続けてソフトバンクはボーダフォン日本法人を買収、アメリカスプリントの買収を行い通信分野で世界的規模となったと持ち上げていますが、この裏で有利子債12兆円の負債がある事には触れていません。

 これに加えてさらに1兆円増える訳で、どうするんでしょうこの巨大な借金。当然それに利子を支払わなければいけません。ネットでは前から言われて来た事ですが、あまりに借金が巨大で最早潰せない。そうこの社長は居直っているんでしょうか。

 イギリスの新しい首相のメイ氏はこれを歓迎する声明を出しています。支払いは現金、それに買収価格は同社株の引け値より42.9%のプレミアムという事。高値で売れればイギリスとしては嬉しい。会社の所在も雇用も英国内だし。

 まぁ、素人の憶測など何の役にも立ちませんが、インド人社長が辞めた事と関係するのか、これからどう進展して行くのか、失敗して税金で補てんと云う恐れは無いのか、自分なりのメモとしてネットでの評論などを記録としておきます。

 
 ソフトバンク「史上最高3.3兆円買収」の賭け



 ソフトバンクは何故べらぼうな値段でARMホールディングスを買収するのか?


 Soft Bankが買収したARM社の過去とカラクリ


 1兆円はみずほ銀行


 みずほ、1兆円融資の理由 ソフトバンクの英半導体買収


 関連して2015年の事ですが、 みずほ銀が韓国に五億ドル融資しています。みずほ銀行ってのは最近TVCMが目立ちます。TVは電通支配、韓国絡みでグルなんではないかと、何かと噂もある銀行ですし。

 
画像


 いきなり梅雨が明けて暑い夏の到来。東海地方の梅雨明けは7/18でした。

この記事へのコメント