北のミサイル 日本のEEZに到達

 北朝鮮が日本海に向けてミサイルを発射、我が国の排他的経済数域内に落下しました。これ迄にも度々繰り返し、今年に入ってからは失敗も含め13回も打上げています。精度の悪い打ち上げ花火と馬鹿にするうち日本列島の目の前に落としてきました。

 繰り返し実験すれば精度も上がります。日本に向けて破壊兵器を発射する戦争挑発行為を見ながら遺憾とばかり云うだけではいかんでしょう。こうして北朝鮮は核搭載能力のあるミサイル発射技術を獲得しさてその先にあるのは何ですか。

 当然核戦力を背景とした脅かしでしょう。今回飛んだ射程圏内を見ると福井の原発施設あたりも含まれています。情けないのはこれを育てたのが日本のお金と技術だという事です。間抜けな話です。パチンコで依存症になってせっせと貢いで狙われている。

 こんな時、平和政党を自称する共産党や社民党、そして民進党は朝鮮総連に出向いて猛烈な抗議をした、と云うニュースは聞きません。そういう具体的で直接的な行動を見せたのは都知事候補だった桜井誠くらいのものです。

 今朝の中日朝刊、北ミサイル関連で3本の記事、まず国連安保理が北非難の声明を出すにあたり、発射を非難と云う文言に中国が異議を唱え声明発表に至らなかったという記事。背景には韓国に配備予定の米最新迎撃システムTHAAD。

 もう一つは韓国が北のミサイル発射や核実験の強行を受けて、核武装すべきだという主張が強まり、核武装について討論する「核フォーラム」を結成初の討論会を開いたという記事。出席者の写真も載せて、見出しは小さいけれど結構大きな扱いです。

 同じ事を日本で行ったらどうでしょう。発狂するでしょうねマスコミは。それからするとこの記事は容認の風さえ感じます。そして社説では、「制裁の包囲網より強く」と、日本政府は米韓とともに監視体制を見直す必要があると主張しています。

 北朝鮮は外獲得のため海外に労働力を派遣し東南アジアや中東の一部で労働者受け入れを厳しくしたり不正送金の監視を強めていると書いていますが、もっと簡単に確実に効く方法があると思うんです。日本からの送金を完全に止める。

 パチンコで稼いだお金を北朝鮮に送金と云う話、どこまでが本当なのかは判りませんが、一時は売り上げが30兆円と云う目も眩むような稼ぎ方をしていたパチンコ、今は19兆円とか言いますが莫大な金額には違いありません。

 経営者が総連系と民団系と分かれてもいる様ですが、北朝鮮の金政権の収入源は在日本朝鮮総連であり
北朝鮮は年間1800~2000億円の送金を受けてきた。この送金を政策を持って遮断したのが第一次安倍内閣だという。  


 こういう経過があるので今はどうなのかはっきりしませんが、巨額のパチンコマネーの行方は気になります。同胞からの献金がなくなる事はないでしょう。朝鮮学校への補助金だって、日本の税金のそれが送られているという声をネットでは見掛けます。

 中日の社説はもっともな事を書いていますが、日本からのお金の流れについては一言も触れられていません。こういう立ち位置を見ると矢張り信用できない新聞だなぁと、異様に韓国中国へ肩入れする新聞なんだと判断してしまいます。

 ギャンブル依存症の日本人の懐から大金をせしめその金が国内に還流する事なく敵対国に流れるとしたら、こんなバカな話はありません。警察官僚がパチンコ業界に天下りと云う間抜けなシステムでは取り締まりなど出来る訳も無し。

 パチンコマネーは更に電通を通じテレビ業界に流れ込み、テレビは飼い慣らされて当たり前の批判さえ出来にくくなって世論操作が行われる。見てきた訳ではないからそれが事実かどうかは判りません。ただネットを眺めているとそういう姿が浮かんできます。

 だとしてもいっぺんに改善は無理です。彼等とて何十年にわたり日本人の裏をかいて作り上げてきたシステムですからそう簡単には壊れない。ましてや必死ですからヘイト法案なんて口封じを仕込んで非難の声が上がらないようにしています。

 ま、この先長い闘いです。特亜手先の有田ヨシフやハクシンクン、蓮舫あたりが高得票で当選してしまうナィーブな投票行動が無くならない限り日本は喰われ続けるでしょう。幸いネットの普及が国民を少しずつ覚醒させている手応えがあります。かろうじてそれは救いです。

 
画像


 盛夏。

 暑中御見舞い申し上げます。

この記事へのコメント