「ぼくらの祖国」 青山繁晴著

 今週6日、いつものようにブログを仕上げて、予定していた通り名古屋に出掛けようとして、電車に乗っている間読む本をピックアップ。2か月位前に買って積んどく中だった青山繁晴の文庫本2冊。うちの「ぼくらの祖国」を持って出掛けました。

 電車は空いていて座席に座ると早速読み始めます。するといきなり「君は祖国を知っているか」という文章が目に入ります。そして「ぼくは知らなかった。なぜか」 「日本の学校では教えないからだ」 「日本の大人も語らないからだ」

 この本は(扶桑社新書 760円+税)題名が語るように、若い人へ向けた日本という国とそこに住み日本人の在り方について説いた本、そこで初めに祖国を意識しろと書き始めています。それは何処の国でも自分の国に誇りを持つのが当たり前だからです。

 メキシコでの例を引いて、公立の小中学校では生徒が正装し国旗を掲げて校庭を一周し国歌を高らかに歌う。子供たちが国旗と国歌に敬意を示す行進が、誰にも祖国があり、そこに生きて、そこに還るんだという事を体で教えるという事。

 たまたまその日に書いたブログの内容が愛国心について、著者は祖国という言葉を使っていますがこれは愛国と置き換えてもいいでしょう。愛国という言葉は残念ながら日本人にとって拒否反応の強い言葉に貶められてしまいました。

 この本の中では愛国という言葉は出て来ません。だから思うに抵抗感の少ない祖国という言葉を使い、この国の一員である事、これまで続いてきた歴史のなかに外敵と戦って祖国を守ろうとした先人たちがいた事、その事への感謝する事を説いています。

 その祖国、北朝鮮に拉致され今もなお囚われている人達への思い、2011年3月に襲った東日本大震災での被災地、福島第1原発の崩壊、沖縄白梅の塔、硫黄島に残された戦士たちの遺骨収集、日本近海の資源と尖閣、竹島の領有等について書かれています。

 いたって読みやすく上記の事柄についてのおさらいをする事が出来ます。そうする事で希薄となってしまった祖国という言葉への思いを改めて呼び起こす事を企図した本だと云えます。それは取りも直さず特亜による侵略への警鐘でもあります。

 侵略は武力による国土略奪だけではありません。この国の中に入り込んで少しずつ内側から奪って行く侵略もあります。これは時間が掛かるけれど、ぬるま湯につかって弛緩している間にやがて湯の温度は上がり気が付いたらそこから抜け出せなくなります。

 李明博前韓国大統領がいみじくも「たった60万人の在日韓国朝鮮人に支配された1億人の日本人奴隷!」
(8月31日、韓国SBSテレビ番組)と発言したのは、その明白な事実を目にして高揚しつい口にしてしまった言葉なんでしょう。

 実際マスコミはNHKを含め在日に籠絡されています。テレビのコマーシャルに出て来る俳優は韓国系が多過ぎ、これは電通の関係があるのでしょう。在日60万人、帰化も含め仮に120万人として人口のわずか1%、なのにこの多さ、これからしても乗っ取られています。

 日本人は自分の国を大事にして守る事をないがしろにし過ぎました。そうする教育が行われて来た事も事実でしょう。国旗、国歌への否定的空気の醸成はその最たる現れです。まぁ、しかし遅まきながら目覚める国民が増えて来ています。

 自身を省みればはっきりと目覚めさせてくれたのはインターネットのおかげです。相対的にマスコミの汚染状況が透かし出されて来ています。そして今民進党蓮舫議員の2重国籍問題が噴出して、日本に忠誠を誓わない帰化人の政治参加があぶり出されました。

 帰化して1世は被選挙権は与えないで、その帰化人が日本に対しどういうスタンスなのかを観察する期間を設けるべきでしょう。落選したれど帰化して2か月で立候補、新宿区議選 民主党の推薦を受け、これはアリの一穴、次第に広がってやがて手に負えなくなります。

 さて蓮舫2重国籍問題、民進党という壺の中での事ですから、ぜひ代表戦に勝って党首になればいいでしょう。この問題はそこで消える訳ではないから更にゴタゴタして国民も帰化人が政治に参加する事に対し疑問や危機感を持ちます。

 大きく揺れた方がナイーブな国民の目に留まりやすい。こうして日本人はこれまで認識の甘かったことを知り覚醒します。しかし民進党は危険な政党です。前原候補が勝ったとしてもこの人も韓国との関係が噂されて危うい。

 日本は日本人の国ですよ。大事な祖国、国家主権を外国人に奪われてはなりません。

 
画像

 
 もう9月も10日ですか、日の出も5時半を過ぎて、秋の気配は日に日に濃くなって行きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント