蓮舫の二重国籍、議員辞職が相当

 水害の視察に出掛けて、長靴を持って来なかったといって自民党の政務官が叩かれています。現地の職員におんぶして貰ったのがいけなかったようです(笑)。中日新聞は1面で大きく見出しをつけ、どれどれと2面を見ると囲み記事。

 そりゃ政務官もうっかりだけれど、周りの人が気を利かせれば済んだ事、長靴の一つくらい現地で用意は出来るでしょう。何が何でも安倍政権を叩きたい、その必死さが伝わってきますが、かえって新聞、マスコミのあざとさが浮かび上がり逆効果です。

 そんな事よりもっと大事な、マスコミは沈黙しているけれどネットで大騒ぎの蓮舫議員の2重国籍問題、言い訳やら詭弁やらあれこれ言っているけれど、言うほどに言質を取られていることに気が付いた方が良い。ネットでは一つずつ検証が進みもはや真っ黒。

 この粘り腰は驚嘆、しかし誤魔化しでしかない事は明白、国会議員であり野党第1党の代表選に出ているわけですから普通の人の国籍問題とは違います。その自覚がない事が攻められる理由なのだから応援団もそろそろ手を引く時期です。

 ま、代表になっても構いませんけどね、後戻りが難しくなるだけの事です。長靴でおんぶはこうした問題を隠すための目眩ましでしかなく、さらにマスコミへの不信は拡大していきます。少し前の山尾民進党政務会長の政治資金問題でも報じない自由を駆使していました。

 今朝になって「なでしこりんブログ」さんを見たら、台湾の議員が二重国籍が露見して辞任したというニュースをネット有志が発掘していたという話題を上げていました。すごい調査力、プロジャーナリスト顔色無しではありませんか。

 台湾は国ではないとか、在日中国人は中国の法が適用されるとか言ってるけれど、過去ログで民主党枝野議員が

 国際私法上は、台湾において台湾の法が実効性を有している以上、その法が本国法として適用されるということとなり・・・台湾法が適用されなければいけないと思いますし、また、そのことは国際関係上の国家としての承認ということとは全く別次元で決められる。


 と答弁していたり、もう詰んでいますね。それでもマスコミは知らん顔して代表選、蓮舫議員が優勢と伝えるのみ。公職にある者、国を代表する人、はその経歴に誤魔化しがあってはイカンでしょう。米大統領選挙が長期なのはそうした不適格をふるい落とすため。

 それに耐えられなければ脱落します。もうすぐ次期大統領選挙、共和、民主それぞれトランプ氏とクリントン女史が残って最終戦に入っていますが、ここへ来てクリントン女史の様子が変わってきた模様。メール問題もそうだけれど今回は健康問題。

 今朝のニュース、911追悼式典で体調を崩し一時娘の家に運ばれたとあります。彼女は以前からも健康に疑問符が付けられていて、どうもパーキンソン病の疑いがあります。

 米医師の71%がクロ判定。なぜ「ヒラリー重病説」は報じられないのか?
 


 もしこれが事実なら、激務の大統領職は務まらないでしょうし、隠していたことに国民の怒りや不信は高まります。公職者は身辺の隠し事は許されません。蓮舫議員の二重国籍問題はこうした重さを含んで、それを隠すマスコミ共々処罰の対象でしょう。

 
画像


 秋色、庭に実を付けていたいたほおずきと拾った栗のいが。

この記事へのコメント