慰安婦への謝罪の手紙 毛頭考えていない

 前回のブログでNHKニュースが、中国のAIIBとSDR、特別な通貨引き出し権を得たと報じた事を取り上げました。ニュースの中でIMFの副専務理事を務めた篠塚氏が出て来て、AIIBに参加した方が良さそうな事を云っていました。

 前IMF副専務理事ですからIMFの方針に沿った発言を行います。まぁ、あまり詳しくは知らないし難しい話は判りませんが、この人が中川財務大臣の酩酊記者会見の時に傍にいた御仁だという事は顔を見てすぐ判りました。

 あの失脚は仕組まれたもので、麻生、中川コンビがIMFへ10兆円の融資をした事への意趣返しだろうとネットの情報をもとに感じていました。資金提供に大喜びで謝意を表した当時のIMF専務理事ストロスカーン氏は、その後不可解な事件で辞めさせられています。

 確か女性に暴行したとかなんとかのスキャンダル、この二つが繋がっているのかどうかは判りませんが、何か深い理由があるのだろうと想像したものです。この辺りの事を忘れないように記録しておこうと思ったのですが「パチンコ屋の倒産を応援する」ブログさんで触れられていました。

 こうした以前の経過を振り返ると、財務省のポジションが見えて来ます。今なお国の借金がとマスコミに報道させている背景も判ります。借金があるから緊縮財政をしろ、金が足らないから増税、取りっぱぐれのない消費税10%、さらに15%と。

 省益にかなう、しかし国益を損する。民主党政権時の日銀白川総裁も含めあの頃はやりやすかったことでしょう。円高を放棄されおかげで日本の企業は軒並み体力を落とし国外へ逃避、国内産業は荒らされ沈滞。自民政権でやっとそれに歯止めがかかりました。

 とは云うものの一回壊れた産業、企業はおいそれとは立ち直れません。今なおその後遺症に苦しみ回復途上。要するに政府と官僚との権力争いを我々はただ今眺めています。マスコミが国益重視でまともであればもう少し様相は変わるんでしょうけれど。

 円高で羽振りの良かった中韓、このところ経済状況はあまり芳しくなさそうです。だから見えを張って要らんと云っていた日本とのスワップ、5兆円なんて具体的数字を出して観測気球を上げています。その一方で約束の履行は無視。

 日本大使館前に設置のウィーン条約違反の慰安婦像撤去は、条例を新たに制定し動かさないつもりだし、慰安婦に謝罪の手紙を出せと、不可逆的という文言を反故にし出したし、相変わらず上から目線で言いたい事を云っています。(ジュネーブではなくウィーン条約でした。 訂正)

 ウィーン条約

 第二十二条 1 使節団の公館は、不可侵とする。接受国の官吏は、使節団の長が同意した場合を除くほか、公館に立ち入ることができない。
2 接受国は、侵入又は損壊に対し使節団の公館を保護するため及び公館の安寧の妨害又は公館の威厳の侵害を防止するため適当なすべての措置を執る特別の責務を有する。
3 使節団の公館、公館内にある用具類その他の財産及び使節団の輸送手段は、捜索、徴発、差押え又は強制執行を免除される。



 国会で民進党がその事を質疑、首相は無慈悲に「我々は毛頭考えていない」ときっぱり答弁されています。韓国はそれでは面白くない、韓国マスコミは「安倍首相相変わらずの責任逃れ」などと今朝の中日新聞は伝えています。

 この記事はソウル発で韓国側の言い分をまとめたもの、これが産経新聞だとこの委員会での質疑を政府側の立場を解説し報道しています。同じ内容の事でも伝え方によって印象が違ってきます。結局韓国相手に政府間であっても約束事は守られないのだと確信を得ただけでした。

 こうして韓国の実態が少しずつ明らかになって行って日本は目を覚ます。新聞、テレビが必死になって偏向報道をしても、事実は明らかになって行きます。中日新聞の偏り具合もみなさん気が付き始めます。結構な事です。

 
画像

 
 気温31度の予想。台風18号がやってくる谷間の晴れ間。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント