北朝鮮、再び日本を海に葬ると脅す

 ここんところポータルサイトのニュース欄、日刊スポーツの記事が目立ちました。いずれも総選挙絡みの反自民記事、えらく政治に熱心なスポーツ紙だと、まぁ、朝日新聞系列だという事は知っていましたからさもありなん。スポーツ紙が政治を語ってはイカンと云うつもりはありません。

 しかしいささか奇異にも見えます。念のためwikiで見たら、全国各地の4社から発行されているとあり、あと3社、西日本新聞、北海道新聞、沖縄タイムスとあって納得してしまいました(笑)。見事反日勢揃い踏みではありませんか。

 昨日の同紙webニュース、「民進紛糾「安倍首相よりひどい」前原代表に辞任要求」と云うのがありました。民主党時代からの前原議員の来し方見てきて評価はしませんがそれでも民進党全員で選んだ党首であり、希望への移籍も全員で決めた事でした。

 それなのに結果が悪かったからと即日辞職せよだの除名処分だのと両院総会で紛糾。前原議員は結果の責任を取って辞任すると発言、スンナリ辞めさせて上げればいいものを石以て追うが如し。メンタリティ何処かの国のそれにそっくりです。

 紛糾のモトに民進党内に残る政党助成金140億円がある様子。これ迄使わずプールしてきた巨大金額、解党すれば国庫に返さなければならない。そこで民進党は残した。その上で希望に移籍、無所属で出馬、新たに立憲民主党を作ってと4分裂。

 前原議員を除籍処分にしろというのは、追い出してこの金を我が方にという思惑もあるのでしょう。前原氏もそれが判っているからスンナリとは従わない。まことに見苦しき争い、国政担当能力の欠如を見せつけた上に返すべき金の奪い合い。

 確かに自民党にだっておかしな議員さんもいます。が、党としての統制は保たれている。小池都知事も云っていました、自民党では党内で議論は沸騰しても一度決まればみなそれに従う。希望の敗戦処理会議、3時間の混乱、どうも民進党はこれが日常、党風であった様です。

 一言で言えば信義なき人達。コロッと話を変える、態度を変える、腹の中を隠して追従する。政治はきれい事では済まないドロドロした世界である事は理解しますが、だからこそその調整者である政治家は清濁を呑み込んでかつ常識人であるべきです。

 無茶な事を云うつもりはありませんが、表舞台に立つ以上自身の云った事とやる事の整合性くらいはキチンと付けとけと思います。まぁ、民進党出身議員さん達テレビに出て平仄の合わない事を恥もなく開陳し、皆さん呆れています。いずれ身に跳ね返ります。

 こんな議員さん達の集まりである民進党、元民進党、より左方向へ純化した立憲民主党に政権を与えなくて本当に良かったと思います。とはいえまだモリカケを手放さないで安倍政権の邪魔をする気満々です。と云う事は安倍政権を選んだ日本国民に敵対する冒涜です。

 10月28日都内で富士山会合という日米の有識者会議で、小野寺防衛相が、

 北朝鮮の核・ミサイル開発問題で「残された時間は長くない。今年の暮れから来年にかけて、北朝鮮の方針が変わらなければ緊張感を持って対応せねばならない時期になる

 と語ったそうです。民進玉木や柚木のように節操のない人ではありませんから、信憑性のある事として心しておくべきでしょう。なにせ北朝鮮は「日本を海に葬ると」息巻いています。

 10/28(土) 22:12配信  時事通信

 【ソウル時事】朝鮮中央通信によると、北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は28日の報道官談話で、安倍政権が11月初めのトランプ米大統領の訪日の際に、北朝鮮の核・ミサイルの脅威や日本人拉致問題を中心議題に据え、圧力強化を求める方針だと指摘した。

 その上で、「米国の手先となり、軽率に振る舞えば、日本の領土は丸ごと海に葬られる」と威嚇した。

 また、先の衆院選で安倍政権が北朝鮮の核の脅威論を説き、日本人拉致問題の解決を訴えたことについて、「世論を誤った方向に導き、権力を維持するのは、日本の反動勢力の常とう手段だ」と批判した。 


  
 
画像


 台風22号九州南東海上。夜に東海地方接近。雨注意。



この記事へのコメント