うちは安倍批判でいくんだからと握りつぶす

 昨日の午後、買い物があって市内のイオンモールへ出掛けてきました。平日ですから客層は主婦、子供連れ、年寄りが目立ちます。学生とか若い人は少ない。メイン通路のあちこちにソファが置いてあり座って休む人も目立ちます。

 お年寄りが多かったんですが、結構みなさんスマホを持って指で画面をスクロールしています。スマホの普及率は、

 スマートフォン所有率は78%、タブレットは41%にまで躍進(2017年)(最新) 

 
画像


 年代別の保有率を見ると、これは2016年ですが、

 
画像


 これに70代の保有数も加えれば意外と普及しています。それで思う事は、お年寄り何を見ているのか覗く事は出来ませんが、あぁして画面をスクロールするうちマスコミと乖離したニュースや情報に出くわすんではないかという事。

 ジワジワと既存マスコミの姑息、悪辣、に気が付くお年寄りが増えていくんでしょうねぇ。これ迄は政治情報などマスコミを通じてしか内容を知り得なかった。悪意あるマスコミはなんとでも中身を改ざん、ねじ曲げて報道が出来た。

 所がネットで、ツイターやフェースブックという発信ツールが普及し誰でもが思う所を語る事が出来るようになって、名も無い個人でも意見が表明できます。有名人だって、超有名人だって、アメリカの大統領だって、直接世界へ向けて発信。

 トランプ大統領とマスコミとの抗争はよく知られています。マスコミは事実を伝えていないと怒ったトランプ氏、ならばと自分でツイター発信。これにはマスコミ手の打ちようがありません。大統領の発言をねじ曲げようにも直接発言の前にはどうしようもない。

 習近平国家主席の特使が平壌に到着 トランプ大統領「何が起きるか見てみよう」とツイート (アノニマスポストブログさん)

 俺は見てるよと北朝鮮と中国に対し圧力をかけています。これがマスコミ経由だったら例えば中国に懐柔されている記者が書けばトランプ氏の圧力は弱まって伝えられます。北朝鮮と米国との会話は途切れているけれど、実は確実にメッセージは届けられている。

 これにはマスコミだけでは無く強権を振るって情報をコントロールしている独裁国家、中国やロシアも含め、困惑の態でしょう。隠し事が難しくなっていきます。先日NHKで中国におけるスマホの普及、支払いは現金ではなくスマホ決済を報じていました。

 野菜や肉を買うにもスマホ、驚くべき進展。あれ見てて中国を侮れないと思いました。まぁ普及の理由には偽札が横行し信用出来ないという理由もあるのでしょう。同時にSNSが拡大すれば何時まで強権政治が続けられるのか、民主化は止められない。

 安倍総理は今の所直接発信はしていないようですが、無関心であるわけがない。発信はしなくてもネットの動向はしっかり見ているはず、まだまだ勘違いマスコミの影響力は大きいから様子見でしょう。しかしいずれマスコミは赤恥をかく事になる。

 その良い実例、トランプ大統領の側近だったバノン氏、NHKのインタビューを受けおかしな質問に誤りを指摘、

 お前らは日本のCNNに違いない。そうだよな? 

 なんてきつい言葉を浴びせられてしまいました。トランプ大統領の発言を歪めるCNNとNHKは同じだと云われてしまいました。スマホいじってたお年寄りもこのくだり見ていたかも知れません。ついでにこんな所も、

 「安倍総理は無罪と書くとデスクに握りつぶされる」 『うちは安倍批判でいくんだからお前が取材してきた結果を載せることはできない』 (netgeekブログさん)

 
画像

 
 雨ですね。寒くなってきた。


この記事へのコメント