日韓合意履行を求められただけ

 河野外務大臣が切れの良い仕事をしています。韓国の康京和外相と会談、韓国側に、きちんと2015年の日韓慰安婦合意を守るよう伝えています。何でも今月27日に韓国ではこの問題の交渉経過についての検証結果を発表するとか。

 国と国とが決めた約束を反故にしていつまでも「慰安婦がー」と蒸し返す韓国。いきなり連行され売春婦にされた可哀想なおばあさん達と、朝日新聞のついた嘘が国を挙げてのモンスタークレマーを作り上げてしまいました。

 有りもしない事で罪をなすり付けられる、つまり冤罪、この事はネットで様々な方面から検証されさすがに朝日も誤報を認めた。にもかかわらず言い掛かりは止まない。つまりは彼らにとって事実は関係ない。たかりの種を手放したくないだけの事。

 そんな国に譲歩や配慮などする必要はなく、相手が矛先を収めるまでこちらの正当な言い分を伝えるだけで良い。これまでは譲り過ぎました。その前例があるから良い気になって難題を吹っ掛ける。日本人はそうした様子を長い間苦い思いで眺めてきました。

 河野外相が決まった時、ご多分に漏れず危惧したものです。河野洋平氏の息子ですから多分誰もが安倍総理の外相指名に驚いた。しかし就任してみると日本の国益に叶った外交を展開しています。前任の岸田外相と比してもメリハリがありスッキリします。

 なぜこれ迄日本はこんなに韓国の言いなりにばかりなっているんだろうという不満、ストレスは多くの人の抱えるものでありましたが、その疑問に答えてくれたのがネットで、相対的にそれを隠してきたメディアの暗部が透かされ可視化されつつあります。

 政治家の後ろめたい部分も同様、民主党政権とは何だったのか、分裂し希望、立憲民主、に3別れした野党、自由、社民、共産もその言動がさらされ結果政党支持率は下がるばかり。モリカケしか言わない野党に流石に疑問符が付くでしょう。

 2017/12/17 23:00日本経済新聞 電子版

 日本経済新聞社の世論調査で、野党各党の政党支持率は合計で19%にとどまった。11月下旬の前回調査では22%あったが、2割を切った。立憲民主党の政党支持率は10%で、前回から4ポイント下落した。民進党と希望の党は1%だ。一方、自民党は40%(前回は39%)で、野党との開きが大きい。

 野党各党の政党支持率の合計は民進党、立憲民主党、希望の党、共産党、日本維新の会、自由党、社民党を足し合わせた。


 自民党も一部おかしな人達がいます。
 
 日韓・韓日議連が共同声明 日韓合意履行求める文言なし 外国人地方参政権付与は明記

 まぁ、これは冷戦時代からの歴史もあっていきなり関係を切ってしまうというわけには行かないでしょう。残務処理班という見方もできます。韓国側の空気抜きともいえます。本当はガツンとやって欲しいけれど大人日本は大人の対応をする。

 歯痒いところもありますが、こうした経過は世界は見ているわけで、中国や韓国の強引我欲ぶりは心ある国からは見透かされているはずです。ただ世界は腹黒い、そんな国だと判っていても自国の利益になるのなら見て見ぬ振りもするのはお約束。

 なんだかんだ、少しずつよくなって行っているように見えます。そう物事が見えるようにしてくれたのはネットです。今回の韓国外相の訪日も外交、経済八方ふさがりになり日本にすり寄ってきたんでしょうけれど、その真意マスコミ抜きで見抜かれています。

 日韓財務相対話 慰安婦問題などが壁になり年内開催見送り 「金融協力を話し合う環境が整っていない」

 

 
画像


 今週は晴天の日が続きそう。寒くなったけれど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント