ときどき ぶつぶつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 実習生たちは労働組合に駆け込んだ

<<   作成日時 : 2019/01/24 08:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 一昨日(1/22)中日新聞の岐阜県版に、「悪いのは誰か」という見出しの「鵜の目」と題するコラム。外国人労働者、技能実習制度に関するもの。ネットには見つからないのでここに書き写すと、

 残業代の未払いや、過酷労働などの問題が相次ぐ外国技能実習制度。先日ある縫製業者から話を聞き問題の複雑さを痛感した。

 その業者は、実習生の中国人女性から「もっと稼ぎたい。長く働かせて」と強く懇願された。割増賃金まで払う余裕はなかったが「助けになれば」と、最低賃金を下回る残業代で合意の上、深夜まで働いてもらっていた。

 だが就労期限の3年を前に、実習生たちは労働組合に駆け込んだ。組合から「正規の賃金との差額を払わねば、労基署に通報する」と指弾され、数百万円を支払うことに。

 業者は「彼女たちはサボりがちで、時間分も働いていなかった。大目に見ていたのに裏切られた思い」と肩を落とす。

 県内では他にも同様のケースが散見され、支払えずに廃業した業者もあるという。別の業者は「組合の中には実習生の団体交渉を請け負い、商売にしている所もある」と明かし「縫製業界が弱っているから付け込まれる」と嘆く。

 法律違反は決して許されないが、理想とかけ離れざるを得ない現実がそこにある。
 



 悪いのは誰か、この文脈では、下心を隠して労働組合に駆け込んだ中国人女性と、業者を脅かして差額賃金を出させた組合と読めます。この中国人女性が最初からそれを狙って深夜残業を申し出たのか、それとも3年の間に金になる事に気が付いたのか。

 この労働組合が実習生に金になる事を吹き込む営業活動をしていたのか。実際の所はこの記事からは判りませんから、そういう事があったんだと流して読むしかありませんが、実にあり得る事で、こうした諍いはあちこちで繰り返されているんでしょう。

 知り合いのミシン屋さん、もう家庭用の嫁入り道具としてのミシンは売れないから工業用ミシンを扱いだして縫製業者が相手。10年ほど前ですが、中国人実習生を使っている業者のえげつない実態があると話してくれた事がありました。

 具体的にどういう事なのかは聞きませんでしたが、安く使えるということでシビアな雇用の状況があったんだと思います。中国人女性の実習生が組合に駆け込んだというのは、そうした実態の積み重ねが背景に有ったのかも知れません。

 いろんな要素が絡んでの事ですから問題解決は単純には行かない。うちの近くに中国人実習生が多く住む寮があって、自転車で帰っていく中国人達とよく行き会います。畑の中に建っているんですが、昼間そこを歩くと「盗むな」という警告も見ます。

 あまり効果はないと思うけれど簡単な柵を作り入れないようにして有ったりもします。野菜や果物や、作っている農家の人にしてみれば、朝来て盗まれているのを見ると腹も立つでしょう。まぁ日本人だって盗む人は盗むけれど盗みはいけないという共通認識はある。

 (昨夜歩いた時に確認したら、「ドロボウするな」 「入畑禁止」という小さな看板と、録画ビデオのイラストが描かれた中国語の警告文のある紙がぶら下がっていました。録画ビデオの方は前には見なかったので、野菜盗は続いているんでしょう)

 一度スーパーの早朝サービスで卵が安売りの目玉というチラシが入り、そこに中国人女性がわんさと集まった。開店してみんな卵のほうへ行き中国人は卵だけ手にしてレジに並ぶ。そんなのを見ているうち彼女たちの数人シレっと万引きをするのを見てしまいました。

 見られても平気な顔をしていました。この企画は失敗、中国人の行動様式を考慮しないと赤字、そうスーパー側は学習した事でしょう。外国人を入れるという事は、日本人の間での常識は通じないのだと理解して対処しないと食い違いが起きます。

 じゃ、その後、お互いが違いを認めて両者の間の問題は無くなるかといえば、無くならないでしょう。彼らはそんなにヤワじゃない。日本人が譲れば譲った分だけ入り込んで来る。そっちも譲れと日本人は思うけれど彼らは日本人じゃないから譲らず踏み込んで来る。

 日本人はおとなしくて甘いからごり押しすれば引くと判っているから下がらない。少数者であればそれでも社会の中に包み込んでしまう事も出来ますが、中国人はすでに日本に100万人住み着いている。日本で要領よく生活する知恵も獲得しています。

 上記のような悪知恵も得ています。日本の社会制度を悪用してうまい汁を吸うことも覚え始めている。新宿区の区会議員に立候補する中国人も現れた。当然帰化しているけれど日本の為に議員活動をするなんて思っちゃいないでしょう。

 中国人が日本の社会の中で生きていく上で自分達の都合に良いようにする為の議員出馬。外国人技能実習なんて制度、日本人は初め安い人件費という美味い汁を吸えたけれど、好い気になっていたら美味い汁を吸われ始めている。

 小坪しんや議員のブログ、

 【拡散】漫画でわかる外国人特権〜税金がゼロになる仕組み【この状態で、移民労働者いれますか?】   

 こういうちぐはぐも、

 悲報】厚生労働省「不法滞在者にも母子手帳を交付しろ」  (もえるあじあ)

 
画像
 

 暖冬らしく山の方雪が少ないと昨日のニュース。確かに、窓の結露も少な目。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
4Kと言われる労働者不足の現実に唖然とします。
20代から50代まで無職の日本人も多い。高齢者雇用と生活保護受給者の再雇用など何か手立てが欲しいですね。
中国人に食い荒らされる日本は見たくない。
nibari1498
2019/01/24 11:03
周りを見回して、グローバリズム、外国人と共生するという事の実際への認識、危機感を持っている人が少ないと感じます。欧米でもそうですが、寛容も行き過ぎると諍いになってしまいます。ハングリーな人達は貪欲ですから良い人ぶってると喰われます。自覚を持たないといけませんよね。
コメント有り難うございます。
ひろびろ
2019/01/24 21:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
実習生たちは労働組合に駆け込んだ ときどき ぶつぶつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる