P1照射 引ったくり動画で日本へ反論

 P1哨戒機へのレーダー照射事件、韓国はいつ自衛隊機による威嚇の低空飛行映像を出すのだ、と前回書いたら、それが聞こえたらしく(嘘)その日のうちに映像を公開していました。その中身、まったく以て苦笑を禁じ得ない。

 いや苦笑はまだ相手に対する好意を持つ場合の行為、何と云いますか白けて、冷笑、憫笑、蔑視の類い。仮にも一国の政府が大まじめにこの程度の証拠映像とかいうモノを出してくる事に呆れます。確かに同じ価値観を持つ国家ではない。

 それが改めてはっきり判ったわけですから、これからの韓国との国交、断絶すればスッキリして一番良いのですが、なんせすぐ隣、おまけにその国籍のまま日本に居着いて我がもの顔に振る舞う厄介な存在もありますからそうも行かない。

 彼等は平気で嘘をつく。嘘を指摘しても認めようとはしない。逆に論点をずらして攻撃してくる。しつこくそれを繰り返す。これ迄の日本はそれに辟易し、いつも譲って事なかれで有耶無耶にしてきた。今回もそれを狙っているのでしょう。

 日本に対しては何をしたって許される。ゴネてゴネればこれ迄は通った。ただ今回は様子が違った。背景に北朝鮮の動きがあり、それは中国の動きにも連動する。そして日本の総理が安倍晋三、民主党政権の総理とは違います。

 それに加えアメリカのトランプ大統領、オバマ前大統領の中国宥和政策が中国を増長させアメリカは安全保障に危機感を覚えた。いわば虎の尾を踏んだ。そういう枠で考えればこの件、日韓の諍いという単発の事故では済まない。

 普通に考えて、国連で決まった北朝鮮への制裁決議に則った監視行動、日米のみならず豪、加、NZも加わって活動しているんですから、韓国軍艦の異常行動は各国に捕捉されていると見るのが当然。なのに韓国はお笑い動画を公開してきた。

 これ迄韓国側が云ってきた事と辻褄の合わない内容をお披露目してどうするんですか。嘘、ハッタリをかましましたと云っている様なモノです。こういう国と今迄付き合ってきて、これからも嫌だけど付き合わざるを得ない、という現実。

 ひとえにそれは中国という巨大なならず者国家が後ろに控えているという実情。自衛隊という存在はあるものの手足を縛られたままで、侵略され相手に撃たれてからやっと反攻が可能という間抜けシステムの日本。そりゃ中国は憲法改正に反対します。

 韓国の文在寅政権が北朝鮮の方ばかりを向いて政治をして、下手すりゃ南は北に呑み込まれる。そうなったら米韓関係は破綻、米軍が韓国から撤退すれば対馬海峡は日朝の最前線。その後ろに控える中国。余程上手く舵取りをしないと平和呆け日本はきな臭くなります。

 だからいきなり国交断絶とは行かない。これが平和呆けの大きなツケ。それを思うと経済面、外国人労働者問題、その他異論もある安倍総理ですが、外交における存在感を支持、指導力を発揮してして頑張って貰わないと日本は骨抜きになってしまいます。

 今韓国はこれ迄の様には行かず戸惑っている。それは特亜に対し強く出る事が抑止力になるという証左。一番効果があるのは日本が国軍を持ちいつでも反撃するという姿勢を見せる事。今は舐められてしますからね。だからレーダー照射をしてくる。

 特亜に野心を持たせないようにして、戦争の危機を回避するためにはしっかりとした装備を持つ事が肝要。その為の憲法改正。ただ一遍には無理だから安倍総理は9条の部分改正を目指す。サッサとしないと独裁国家にやられてしまいます。

 中日新聞、韓国が反論映像を出したら昨日1/5の2面、写真入りで大きく取り上げていました。記事中身ほぼ韓国の言い分を並べただけ。日本は強硬な韓国に苛立っているんだそうです。いや呆れて次の手立て進行中でしょう。

 おまけに「韓国国防省が公開した動画はこちら」とQRコード入り。呆れましたなぁ、日本の公開動画には付けなかった。アクセス稼ぎに協力ですか、どこまで行っても韓国目線の中日新聞。この動画、ネットで嗤われているけれど韓国内では高評価。らしい。

 【韓国TV局】SBS「自衛隊映像をひったくる戦略が成功 説得力を出すためにBGMもつけたのもプラス この映像で国際世論戦で勝負」  (保守速報)

 
画像


 窓の結露、100円ショップで買ってきたワイパーで取るのですが、ここの所あまり溜りません。それ程寒さがきつくないという事でしょう。


この記事へのコメント