「パチンコ屋の倒産を応援する」ブログさんがランキングトップになる

 人気ブログランキングの政治カテゴリーで「パチンコ屋の倒産を応援する」ブログさんがトップに上がってきました。ここでは長らく三橋ブログ「新世紀のビッグブラザーへ」が1位でしたが少し前に「正しい歴史認識・国益重視外交・核武装実現」ブログさんとトップ交代、今は3位にいます。

 一時は20万人超のアクセスを誇り全カテゴリーを含め総合1位にもなりました。最近は10万人前後のアクセス、これを何年も続けて経済素人にお金の本質を啓蒙してきた事は評価されるべきでしょう。とりわけ財務省のプロパガンダ「国の借金1000兆円」のまやかしを解き明かした功績は大きい。

 ただ長年続けるとどうしてもマンネリ化します。繰り返す事は非常に重要ですが次第にインパクトは薄れていく。加えて三橋ブログが下がったのは、今年の参院選において山本太郎のれいわ新撰組に与した事もアクセスが低下した遠因ではないかと見ています。

 山本太郎は自分でも云っているようにポピュリスト、選挙での当選を狙ってどこにでもくっ付きます。選挙参謀は斉藤某という曰くある左派、担ぎ出したのが重度身障者、どうも舩後靖彦さんは安倍総理とも親交のある保守系の人。つまり何でもあり。

 三橋氏はこれ迄の言説を見れば日本大好きと広言する保守で左派には与しない。だけど今回消費税増税反対の一点で敵に塩を送った。目的の前に手段を選ばなかった。そこは評価分かれるところ、良い気はしませんね。

 それと最近安倍総理、麻生財務大臣に増税を取り止める動きのない事を見てか少し焦り感情的になり過ぎていたんではないか。気持ちは判るし増税に反対の声を上げ続ける事は賛同するけれど過激な云い方には引く人も出ます。

 でもまだ僅差の3位だから影響力は十分保っています。トップになった「パチンコ屋の倒産を応援する」ブログさん、このブログの内容、情報発進力が既存メディアの偏向報道を上回り始めたという事なんでしょう。

 テレビ、新聞の報道に慣らされてきた人がいきなりここを見たら度肝を抜かれるでしょう。それ程目を見張る情報が毎日書き連ねられています。このブログ主は相当霞ヶ関、永田町界隈に食い込んだ情報源があるのでしょう。

 マスコミが都合の良い情報の取捨選択をする中、それをひっくり返し欺瞞を晒す。さらにこれはとても重要な事ですが、過去に起こった事案を掘り起こし関連付けてブログ記事にしている。

 そうすると事案の背景がよく見えて来ます。単発ニュースでは時間が経てばそれで過去記事、時系列で見ると悪い奴らの姿が浮かんできます。既存マスコミはそういう作業を敢えてせず、真実を隠し国民を欺いてきた。

 1位になればさらに多くの目に触れます。もうここではマスコミとブログ界の地位逆転が起こっています。オールドメディアはどんどん信用をなくしていく。転げだしたらこのスピードはさらに速まるでしょう。

 当然マスコミというか事実を掘り起こされては困る層は、そうさせてはならじと動くでしょう。8月18日の岐阜新聞、1面使って「ときを結ぶ」という見出しの記事を掲載していました。神奈川川崎市の桜本地区に住む在日コリアンを取り上げ、

 高齢のコリアン1世 苦難の歴史本に と、在日1世のおばあさん、戦争や差別で文学を学ぶ機会が乏しかった金さん88歳、識字学級に通い「鉛筆でつづる歴史の陰」を本にしたという読み物。

 本を作った背景には、2015年在日コリアン排斥を叫ぶデモが桜本に迫り、住民や支援者が体を張って止めたと。国はヘイトスピーチ対策法を制定、だが差別デモや集会が各地で続いたからだ、と支援者は語っています。

 支援者ってのはこの記事では青丘社の事務局長、三浦知人氏65歳。そりゃ戦後は日本中みんなが苦労したでしょう。いろいろあった。今平穏な世にこういう個人史を美談仕立てで記録するのも結構です。

 「歴史の陰」もあるでしょう。その陰の中には戦後日本人が打ちひしがれている時に暴れ回った朝鮮人の非道さもある筈です。引っくるめてみんな苦労をした。なのにこれ読んでると在日だけが苦労し差別されてた様に読めます。

 これは共同通信の配信記事ですか。岐阜新聞が取材した記事ではないでしょう。苦労した在日おばあさんの記事を書くのなら、同じく酷い目に遭った日本人の記事も書くべきでしょう。これは偏った記事だと思いましたね。

 韓国や北朝鮮に対する批判が強くなっている状況に配慮した記事だと読みました。この欄、少し前には姜 尚中の近代史観を数回にわたり掲載していた。これらの記事、ネットを詳しく見ない人には効果的。でももう多くの人は在日朝鮮人の陰の部分知っちゃってるんですよね。

 それと記事で紹介している三浦という人、写真付きですが見覚えがあります。ブログランキングの、今朝は6位にいる「せと弘幸BLOG『日本よ何処へ』」、瀬戸さんは「関西生コン闘争」で逮捕者続出の道筋を付けた人。その後川崎市に入って活動中。

 新聞記事にもあるデモや抗議活動で先頭に立っています。過去ブログにあるんですが、この活動中瀬戸さんの仲間ともめた相手が三浦氏だったような。立場が違うと見方も変わります。

 一方の云い分だけじゃなく双方から取材して記事にすれば読者は判断がつきやすい。ここの所に既存マスコミに対する不満があるんですよね。その不足分をネットが請け負っている。

 とかく老人層が騙されて野党支持と云われていますが、お年寄りもスマホを持つようになって少し様子が変わってきていますか。ここではテレビの所為にしてるけど、

 立民議員「ネトウヨなどではない親しい高齢者が嫌韓になり、国交断絶などと言い出し悲しい。テレビ局のせいだ、報道の結果に責任を持つのか」  (もえるあじあ)

 いや野党勢の無能と勘違い言論に気が付き始めたんですよ。テレビは相変わらずひどい偏向。これもネットで情報が拡散すればこそ、だから、

 【日経世論調査】安倍内閣支持率58% 輸出管理強化7割支持 韓国との関係「日本が譲歩するぐらいなら改善を急ぐ必要はない」67%   (正義の見方)

 憲法改正「議論すべき」77% 日経世論調査   (日本経済新聞)

 マスコミの一方的な押しつけ報道は信を失い、玉石混淆ながら探せば質のいい情報にぶつかるネットに押され始めています。

 CIMG4041.JPG

 もう9月ですね。はやいなぁ。次の日曜日大相撲始まるし、喧噪の8月去っていきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント