「選挙の公正を踏みにじった代償は大きい」と中日社説

 11月3日のアメリカ大統領選挙前後から2ヶ月半、この選挙の事を取り上げて、2021年1月20日、大統領就任式で終ったなぁと、そこで総括するつもりだったんですが、これこのまま終りますかね。

 アメリカは世界が注視する中、民主国家として有り得ない恥ずかしい結末を用意しました。そう演出したのは正体の見えないDSとか云う存在(らしい)。

 クリントン、ブッシュ、オバマという大統領のいた24年間に、中国の台頭に併せアメリカは腐臭を放ち始めてしまった(らしい)。

 それを不快感をもって眺めていた軍部が秘かにこの腐敗を取り除くべく立てた大統領候補がトランプ大統領だった。という筋書き。

 ま、これは陰謀論だと、まともには相手にはされない話です。だから以降はお笑いトンデモ譚としてネットの言葉や写真、映像を拾ったお遊び。そう心得て頂いてトランプ劇場は続きます。



 就任式の様子、NHKテレビで宣誓の場面等映してました。ここでやけに目立ち、それ故に違和感ありありだったのがバイデン大統領の後ろにいたガード。

 アジア系の顔立ち、すぐ連想するのは中国人なのか、それが何回も映ってました。普通考えたら隠すと思うんですがむしろ目立つようなテレビ映像だった。

 バイデン大統領の後ろに控える中国、それを世界に向けて示していたように思ってしまう。そこでネットではこの人物の検索を始める。

 写真を核大、胸に付いてるバッジは、

 https://imgur.com/QFPMFAG

 https://imgur.com/IW87uBJ

 こうした事も影響しているのか就任式はさえないものでした。トランプ派の襲撃を防ぐという理由で軍隊が動員、鉄条網の中の式典、歓呼の群衆はいなかった。

 なのに昨日の中日新聞、共同記事の岐阜新聞、バイデン大統領の就任をセッセと称えています。そして式典がこうなったのはトランプの所為だと、

 ・・白人労働者層に寄り添う姿勢を打ち出し、融和より分断をを選び、白人至上主義と極右勢力の台頭を許した。

 さらにバイデン氏に選挙が盗まれたと、陰謀論を信じる暴徒による連邦議会への襲撃を招き米国の民主主義を危険にさらした
・・

 なんて中日のアメリカ総支局長が書いてます。選挙が盗まれたのは陰謀論ではなくて明確な証拠ボロボロの事実なのにねぇ。


 ところで、就任式はリハーサルだったって話も出てますね。各種映像を見ておかしいというツイッターなんかがあちこち。

 あとNHKは事前に演説含めた。全文もらっている感じだったようね。同時通訳じゃない。

 >>288
 Twitterでも通訳が早すぎるって意見があった。時には通訳の方が先に出て来たりの場面もあったし、影の長さは正午あたりの長さではないよね 。


 これを裏付ける理由がこちらのブログに書かれています。いつも拝見している「ベヒモスの文書

 スペインでは10時間も早く就任式の様子が放映されていたと。

 こうしてあちこち綻びがある大統領就任式だったんですねぇ。無邪気にに信じる人達もいるんでしょうけれど、舞台裏に気付いて呆れる人もいる。

 そこに今朝の中日新聞社説、

 案里議員に有罪 選挙の公正破る罪深さ

   参院議員の河井案里被告に有罪判決が出た。一昨年夏の参院選での買収事件。確定すれば議員失職だ。選挙の公正を踏みにじった代償は大きいし、金権選挙がまかり通る政治に失望せざるを得ない。

 「民主主義の根幹を害した」と東京地裁は断罪した。案里被告には懲役一年四月、執行猶予五年の有罪判決だった。激戦の広島で地元議員らを買収した行為は、選挙の公正さに対する国民の信頼を失墜させたといえる。重く受け止めるべきである。


 トランプさん叩いてバイデン側の不正選挙を見て見ぬ振りしてるマスコミが、どの顔でこれ書いてんだろう、朝から笑わせてくれます。

 CIMG5036.JPG

 雨。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント