韓国の喧嘩の仕方 回りに云いふらして悪者に仕立てる

 ここん所の韓国人気に嫉妬しております(ウソ)。まったく、ネットや時々見るテレビ、韓国がアー云った、コー反応したと賑わしい。新聞はそれ程でもないんですけどね。そうなるのは韓国が原点に戻らないで言い掛かりや屁理屈を繰り返すから。

 もう少し云えば日本が指摘した問題点を認めようとしないから。そこに戻らない限り解決はしません。まぁ、韓国としては解決出来ない。不明のフッ化水素40トンの行方を知られたら即詰みますからね。

 本当は少し離れて黙って見てれば自滅するんだけれど、悪足掻きしてG7国へ行ったり欧米マスコミにかげ口云ったり吹聴するから、面倒くさいけれどそれ一つ一つ潰さないとウソがまかり通ってしまう。またそうする事にかけては天才的。

 この後戻り出来そうにない混乱の原因を作った文大統領、閣議で、

 日本は経済報復を正当化 正直になるべき=文大統領  (聯合ニュース)

○ 日本は経済報復の理由すら正直に明かしておらず、根拠なくその場その場で言葉を変えながら経済報復を合理化しようとしていると批判し、日本は正直にならなければならない

○ どんな理由で弁明しようと過去の歴史問題を経済問題に絡めたことは間違いなく、どうにも率直でない態度と言わざるを得ない

○ 歴史問題に対する日本の態度も正直ではないと指摘した。「過去の過ちを認めることも反省することもせずに歴史をゆがめる日本政府の態度が、被害者の傷と痛みを深くしている 

 とこんな事をいっていますが自分の事じゃん。次々矢をつがえて口撃しないと持たないんでしょうね。アジアに向けてもなんか云ってます。これ欧米に相手にされなかったから向かう先を変えたんでしょう。

 文大統領、「日本が対話と協力の場に出てくるなら喜んで協力」  (WoW!Korea)

  日本側は国際的約束守れと云ってるだけなんだけれど、そこには戻ってこないで回りを駆け回って的外れの悪口云っている。「おまえのかーちゃんでべそ」、小学生低学年(小学生の皆さん、韓国なんかと比較しちゃってスイマセン)。

 こんな文大統領の言動、姿勢について、いつも参考にさせて頂いてる「大師小ブログ」さんが、BS放送の動画を見て要約を書き起こして居るのでご紹介。


 「対日強硬の韓国・文政権正体とは? 日韓不信の真相に迫る」  

 中の発言に、

 安倍政権は「日韓請求権協定違反の解消など信頼関係を回復して約束を守って貰いたい」といっている。

 それに応える事なく、常に本質から焦点をずらしている。
 

 これだけの事でしょう。韓国が今やっている事の正体は。真正面から日本と対峙すると具合が悪いから回りに告げ口。まわり走り回って「日本が悪い」「日本は悪いやっちゃ」慰安婦、徴用工を捏造し「ウリは可哀想な被害者だ」って騒いでる。

 文さん、謝れないんですね。謝ったら政治生命終わっちゃう。でも側近のチョ・グクさんの不正問題が表面化し、パククネ叩きで目先変えても誤魔化しきれず、どうやら自分が前政権にした事がそのままおっ被さって来そうな雰囲気。

 こんな時にルーピー鳩山元総理、韓国の弁護、こういう人を一時は日本の総理に戴いていたんです。

 鳩山元首相、徴用工訴訟で「日本企業は判決に真摯に向き合うこと」  (Share news Japan)

 マスコミ関係者も、

 【天才】テレビ朝日の玉川徹氏が日韓関係を解決する名案「被害者が納得するまで謝るっていうのが人間としての基本」  (おーるじゃんる)

 韓国は反日で強固に固まるけれど、日本はなんでか韓国に肩入れする層があってばらける。それだけ言論の自由が保障された社会であるという証左なんですが、ルーピー見てると自由を上手く利用されてるなぁと情けない。

 それに自由な言論の前提として、正確でありのままの情報が提供されなきゃ判断に誤謬が出て来る。ただ今のマスコミはその点ジャーナリストたり得ていない。ここが現在の一番の問題点ですかね。

 そこを見直そうともしないでこんな事云ったり、

 【マスコミ】室井佑月氏「メディアの仕事は権力の監視や批判。でも、今それすると『左』といわれる」  (正義の見方)

 こうも云ったり、

 テレ朝・高木美保「高校野球日本代表の日の丸なしでの韓国入りは積極的な友好の態度ではないか。政治家がいつも余計なことを言う」   (保守速報)

 共通しているのは、「自分達は正しいのにネトウヨや安倍政権は自分達を批判している。」「メディアは正義だ。逆らうのはおかしい」とか大真面目に云っている。自分が見えていない勘違いピエロ。

 
 CIMG4033.JPG

 少し晴れ間が出て来て、天気が細かく動くものだから天気予報も難しい。

"韓国の喧嘩の仕方 回りに云いふらして悪者に仕立てる" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント