テーマ:世界情勢

自分の国の船は自分で守れよとトランプさん

 中日新聞見てるとネットとの対比鮮明、ネットでは日本の韓国へのホワイト国待遇外しがもたらした混乱、そこから派生している韓国自身の不正輸出なんかも出て来て大賑わい。それに較べると新聞紙面静かなものです。あからさまに韓国不利な状況に追い込まれていますから親韓新聞としては何も書けない。  どうも日本からのフッ化水素その他は韓国から直接イ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

文大統領 規制撤回を要求。日本政府 淡々と「継続します」

 今朝の中日朝刊、対韓輸出の厳格化について、「韓国大統領 規制撤回を要求」という記事、その下に「韓国 日本製品の不買運動」と囲み記事。・・韓国企業に実害が発生した場合、必要な対応を取らざるを得ない・・と虚しい見得を切っています。国内向けにそう云わないとろうそくデモが始まりますからね。  ネットからこの件情報を拾ってくると韓国の対応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「政権与党の事を褒めるとお叱りを受ける向きも有りますが、・・」

 予想されていた事で白けて眺めていますが、既存マスコミはG20大阪会議の評価、良くは云いませんね。扱いも小さい。という事は大枠で見れば成功でしょう。その象徴があの狭い会議机に並んだトランプ、安倍、習近平の写真。  貧乏たらしいって批判もあったけれど、なんかほのぼのした光景に見えて私は笑っちゃいましたけどね。良いじゃないですか、肩付…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

メイ首相 辞任表明 彼女は英国を愛している

 確かに政治家は結果が全てで、その意志を持ったとしても結果が出なかったならば批判され退場する事になるのでしょう。英国テリーザ・メイ首相はブレクジットを断行出来ずに行き詰まり、6月7日に保守党党首を辞任すると表明しました。  メイ首相のイギリスにおける政治実績について詳しくは知りませんが、ニュースで知る彼女の仕事、最大かつ最も困難で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アメリカ ファーウェイその他をハジキ始める

 ファーウェイの製品使用禁止に続いて中国製ドローンを使用する機関に対し警戒する様呼び掛け。「スパイ活動のリスクや機密情報が盗まれるリスクが増大する恐れもあり、特に警戒しなければならない」と中国を名指し。 ワシントン(CNN)  この件「もえるあじあ」ブログさんが取り上げ、日本の野党国会議員のドローン規制に反対する姿勢と対比させ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

自動車強国に挑む トヨタの中国戦略

 昨日の中日新聞朝刊1面トップは、トヨタの豊田社長が中国の精華大学にて、600人の学生を前に、燃料電池車(FCV)を念頭に中国発展の機会を手助けをすると講演したというニュース。精華大に水素分野の研究拠点を設ける計画も披露したそうです。  トヨタは2025年を目処に中国での現地生産を現状の2倍、280万台に引き上げる計画。FCVを足…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ファーウェイ 対決姿勢 米で5G整備しないと強気

 ファーウェイの任正非CEOは、「(アメリカ市場からの撤退は)あり得る。将来的には、アメリカのほか、われわれの進出に反対する国にはサービスを提供しないこともあり得る」と話した。 これはFNNのニュース。米中貿易戦争を受けての発言。  昨日の中日新聞2面にもこのインタビュー記事が載っていました。読売経もフジ系も載せていますから各社バ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

マスコミ、トランプさん叩くけれど実は支持率上がってきている

 weblyBlogが6/4にリニューアルするそうで、その変更点を見ているんですが、新規、拡張する機能と廃止になる機能と、気持ち玉は無くなる様で、これを惜しむ人は多いんでしょう。  運営側の意図はよく判りませんが、何事にも世知辛い世の習い、経費とか利益とかこの先の見極めとか、なにせIT空間の進展速度速すぎて着いていくのに精一杯の身…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

安倍総理、本当に良く働いていると思うんすけどね

 安倍総理はただ今ポーランドにと昨日朝のNHKニュース。欧州歴訪中なんですよね。日本のマスコミは北朝鮮の金正恩委員長の訪ロを大きく報じるけれど総理の訪欧、訪米は扱いが小さい。22日に出発して仏、伊、ポーランドが昨日。  この後ベルギーから大西洋を渡ってアメリカ、トランプ大統領と会談してカナダ、そして29日に帰国。休む間もなく天皇陛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の原子力開発規模は2050年まで引き続き拡大する

 「福島原発の事故が無ければ、もっと原発推進していたのではないでしょうか、  もう原発なんかは、閉鎖しない駄目だと、思います。」  前回、太陽光発電についてこういうコメントを頂いたので、原発について自分なりに考えてみました。    まず原発の現状、  運転中の全世界の原発は全部で447基。  国別では …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦後レジームの精算のうち、南北問題

 安倍総理の云う戦後レジームの精算、70年以上経っているわけですから多岐にわたります。それも問題、課題事に分かれて有るのではなく有機的に絡み合っているわけですから、ほぐしてスッキリさせるのは至難のワザです。  皆さん70年の間に獲得した既得権益ってものを離したくはないでしょうから抵抗はすさまじい。それでも日本という国の将来を見据え…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

再稼働どんどんすべき 日立会長

 1月16日の中日新聞朝刊、2面で経団連会長の定例会見で中西会長が述べた内容を要約。見出しは「原発稼働 どんどんすべきだ」という記事。中日新聞が原発の再稼働容認を取り上げるとはどうした事かと気になって、すんなり取り上げるわけはなかろうと。  ネットに記事が見当たらないので要約。 ○ 再稼働はどんどんやるべき。ただ地域の反対が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「政府」統計に不信、て、「厚労省」でしょ

 JOCの竹田会長の東京五輪招致を巡る贈収賄容疑で仏当局の予審が始まるというニュース、実に興味深い。どう見たってこれは日産三菱ルノーのゴーン会長の収監、起訴とリンクしているでしょう。マクロン大統領が安倍総理に話をしたが袖にされたお返し。  関係者はそう思っても口には出来ないだろうからネットの噂として声を大きくするのも有りでしょう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国製部品が72時間おきに中の情報を中国へ送信してた

 ファーウェイ問題は中国の一企業がイラン相手の取り引きで不正をしたというだけではなく、アメリカ対中国の覇権争いという明確な構図が見えてきて、アメリカの同盟国も巻き込みこの先どうなるのか不透明。ファーウェイ副会長の処遇だけでは片付かない。  オバマ大統領の8年間、ノーベル平和賞を貰ってしまった事に縛られ、彼は口当たりの良い言葉ばかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

華為副会長逮捕 カナダ人二人拘束

 日産の件、日本政府は何も喋らないし介入もしない。フランス政府は何か喋ってる。ファーウェイの件、中国は顔真っ赤にして喋ってる。どちらも資本主義国であるならば個々の企業の経営には不介入のケースだと思うけれど、介入してくる。  フランスは矢張り経済が好調とは云えず、雇用の事を考えれば国営企業であるルノーの存続は重要で、かつ赤字補填のた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の漢字は「災」 来年は?

 世界は動いておりますねぇ。ダイナミックに、少々きな臭くもあって、国が、民族が肩肘張り合い少しでも美味しい米を、パンを食べたいと、相手の隙をうかがいにらみ合い。ちょっとでも油断をすると足を引っ掛けられ倒されます。  腹を空かしたオオカミと、ノンビリ草食んでる腹の膨れた羊と、牧場の柵が壊れていたならば羊は喰われる。柵と見回りをしてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイとZTEを政府調達から事実上、排除

 前回のブログ、ソフトバンクはファーウェイの関係が今後の経営に影を落として来るのではないかと書きたかったのですが、そう云える根拠なんて持ってるわけもなく尻切れとんぼ。でも2,3日経つとその手の噂ネットに出て来ています。  netgeekさんにこんな記事、  【悲報】ソフトバンク大ピンチ!基地局にファーウェイを使用中  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペンス副大統領の演説 

 ペンス副大統領が11月に来日する予定。2月にも来ているし去年も来日しています。副大統領ながら存在感があります。トランプ大統領があーいうキャラクターですから動と静、収まりも良いし、安心感もある。閑職といわれるけれど、どうして、見事な政権の戦力です。  10月4日にペンス副大統領はハドソン研究所で演説を行いました。この内容各方面から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「グレート・ギャッツビー」とモンテネグロ

 (承前)  この小説はニックという語り手がいて、主人公ギャッツビーとかつての恋人ディジー、その夫トム、トムの不倫相手のマーテル、マーテルの夫という主要人物たちの歯車が狂っていく姿を述べていくという構成。ニックはギャッツビーの屋敷の隣に越してきます。  屋敷では毎夜パーティが開かれニックもそこに招待されギャッツビーと対面します。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄知事選 早速中国が喜ぶ。

 沖縄知事選が終わって、39万票対31万票の差で玉城デニー氏が当選。当選が決まって玉城氏はテレビカメラの前で喜色満面、カチャーシーを踊っていたけれど、浮かれてる場合かね。この先4年間の県政を担う意味の重大さを自覚してるんでしょうか。  玉城氏は辺野古基地移設反対を掲げ新基地は作らせないと云っていますが、じゃぁ現行の普天間基地はどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

司法副長官がトランプ大統領の解任を画策

 ニューヨークタイムズ紙のスクープ、米国司法副長官がトランプ大統領の解任を画策と報じています。疑われたローゼンスタイン副長官は報道を否定とありますが、会話秘密録音を提案し、憲法25条の発動を閣僚等に働きかけていたとあります。  この25条では副大統領と閣僚の過半数が、大統領が職務を遂行出来ないと議会に申し立てたら、副大統領が大統領…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本はメディアを教育し制限しろと中国様

 中国王毅外相と日本の外務省秋葉次官の会談で、中国側が産経新聞の代表取材を認めなかった件、意外なことに日本側取材陣はそれならみんなで拒否すると云ったとか。中国面食らったでしょうね。朝日もそこに含まれていて飼い犬に咬まれた如し。  それを受けて中国華報道官、さすが中国というべき対応をしてネットの皆さんは唸ったのではありますまいか。同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリアの高速道落下 旧いインフラ整備は急務

 イタリアで高速道路の陸橋が崩壊し走っていた車が落下し、多数の死者を出している事件、60年代に完成した古いインフラ、これは人事ではありません。三橋ブログでは以前から橋、港湾その他の老朽化したインフラ整備の必要性を訴えていました。  イタリア高速道路橋崩落、的外れなEU批判が覆い隠す財政実態 (News Week)  これを巡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界も季節も動き移ろう

 いずれにしても世界はズンズン動いて行ってるわけで、「野田中央公園はどうした」と立憲民主党に都合の悪いヤジを飛ばす杉田議員を引きずり降ろしたい野党側とマスコミは、相変わらず「生産性」に食らい付いていますが、なんて云いますかレベル低すぎ。  政治家として、ジャーナリストとして、まぁ、自民党の中にも屑みたいな人もいますからそれも引っく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリュフォー 「アメリカの夜」 ・ 旭日旗の行進

 ホームセンターなどのDVDコーナーやスーパーの安売りDVDセールがあったりすると、こまめに目を通し気になるものは購入しておきます。古い映画で見逃したものや若い頃に見たけれどもう一度見直して見ようと思ったタイトル等。  昔は2番館、3番館といった映画館が小さな街にもあって、余程の超ヒット映画以外はロードショウが終わるとそのフィルム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 訪欧延期で署名式できず→EU「なら俺らが東京行くわ 

 今回の西日本を襲った豪雨で、安倍総理が11日から予定していた4ヶ国訪問、中止を検討というニュースが流れた時、担当大臣もいるし、副総理だっているんだから行っても良いんではないかと思っていました。相手国の都合だってある事ですし。  しかし被害は甚大、安倍潰しに狂奔する立憲民主、共産ほか野党は、辻元国対委員長のいみじくも云った「一番嫌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史の書き換えが進んでいる

 先週の週刊新潮、巻末の連載コラム「変見自在」、田原総一郎をいじってその書き出し、渡辺惣樹の訳著「フーバー回顧録・裏切られた自由」を取り上げていました。この本を宮崎正広が第一級の資料と評価、それに異存はないと書いています。  続けて、田原総一郎はこの回顧録を読んで、「日本人の常識、すなわち日本は戦略戦争を行い米国は正しい戦争をした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マレーシア、ナジブ元首相逮捕

 5月にマレーシアで総選挙が行われ、ナジブ首相率いる与党連合と、マハティール元首相率いる野党連合の熾烈に争い、野党マハティール氏が勝利。92歳になる元首相が敢えて立候補し闘ったのはナジブ政権への不信感から。  ナジブ首相と取り巻きの不正蓄財もあるけれど、露骨な中国寄り政策への危機感が背景。7月3日にはナジブ首相の逮捕、   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豪議会 スパイ防止強化法案を可決

 表題、当たり前の事を当たり前に行っています。敢えて書くまでもない事なんだけれど我が国ではそれが出来ていない。出来ない理由は理想平和主義に毒され現実を見ようとしない事が一つ。目先のお金に浮かれた豪もその裏のヤバさに気が付いた。  国家はそれを構成する国民の生命、財産、築き上げた歴史、文化を、他国からの侵略によって奪われ、破壊される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豪、中、関係悪化。5Gで華為締め出し

 中日新聞の6月19日付け朝刊,国際欄に、「豪 中 関係悪化」という北京発の特派員記事がありました。中国がどういう国であるのかよく判る記事です。ネットにはこの記事見つからず、リンクして紹介出来ないので要約してみます。 ○ 中国とオーストラリアの関係が悪化している。 ○ 豪州では中国による内政干渉疑惑をきっかけに反中感情が高ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more