テーマ:音楽

「幸せの黄色いリボン 」それに関わる幾つかの事柄

 ホームセンターへ行って時間があると旧作DVDコーナーへ寄って新しい旧作が出ていないか探します。邦画、洋画どちらも興味がありますが、日活や東宝のB級青春映画ってのも悪くない。その横に音楽CD、最近300円CDが置いてあります。  紙のケースに入っただけの素っ気ない商品。曲のタイトルを見るとどうやら寄せ集めて作ったCDのように見えま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川さゆり 新春公演 

 暮れに台所のガス台と換気扇を替えたら、工事をしてくれたガス屋さんから石川さゆりショウの招待券を2枚頂きました。名古屋栄の中日劇場、指定席を見るとずいぶん前の方で1月5日11時半から、有り難いことですから出掛けて来ました。  学生の頃名古屋に通っていて、栄の交差点にある出来たばかりの中日ビルにもよく来たものですが、さすがに古くなっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さなコンサート、ゴスペルとビートルズ

 先週の土曜日、小さなコンサートのお誘いがあって出掛けてきました。今年で5回目、タイヤ屋さんのショウルームを片付けてタイヤをシート代わりにして両脇に配置し正面にステージ、と云ってもフラット、肩寄せ合うアットホームなコンサートです。  集まった40人ほど、皆さん顔見知りの様子。コンサートの主役はトム兼松というギター奏者。経歴を見ると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ビートルズは眠らない」「ウイズ・ザ・ビートルズ」 松村雄策著 

 「ダブリンの市民」というジョイスの短編集、彼はアイリッシュで生まれ育った故郷、ダブリンに住む人々の事15の物語にして描いています。その中に「痛ましい事故」という一編、銀行の出納係として長年勤めてきた初老の男が主人公。  日本でいえば大正期ころの時代背景、モーツァルトが好きで時々オペラかコンサートに出掛け、仕事が終われば決まった食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポール・マッカートニー、東京ドーム公演

 4月25日、北朝鮮がミサイルを発射、しかし失敗。これで当分は北朝鮮の軍事挑発はないものと思っていたら4月29日再び発射、これも失敗。この時東京の地下鉄、北陸新幹線は運行を一時停止、安全確認後再開。東武鉄道も見合わせ。北の挑発は続きます。  ポールマッカートニーが来日し公演。25日武道館、27日、29日30日と東京ドーム。この公演…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ビートルズを呼んだ男」 野地秩嘉著

 近くのショッピングセンターでテナントの入れ替えが行われて本屋さんが変わり、随分と売り場面先が広くなりました。様子を見に出掛けて、中にスターバックスや中古ギターのお店もある新しい業態。本も古本買い取り、販売もしています。  ブックオフ、ハードオフに書店を併設した感じ、ツタヤのレンタルショップも隣接しています。要するにCCCの経営。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MTR DTM ペンタスケール その他

 10年ほど前に、或る音を記録する必要に迫られ悪戦苦闘した事がありました。その時思い知らされた事は人間の耳の高性能な事、目も同じですが、大きな音も微細な音も聞き分ける柔軟性。機械は指定する音は聞き取るけれど枠を外れると聞き取れない。  普通に生活する状態で聴き取る設定に至るまで1年半掛かりました。単に録音機を設置したってごちゃ混ぜ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トライアンフとロック

 思ってもみなかった事でエレキギターが1本手に入り、それが欲しいと思っていたギターメーカーのモデル。不思議な縁しさえ感じてここの所熱心に弾いています。3年ほど前、新しいギターが欲しくて楽器店をめぐりネットで検索したりしていた夢の続きです。  まぁ、「夢」は少々大袈裟ですが欲しいと思っていたアリアプロⅡのセミアコ、製造年はシリアル番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソ、ラ、シ、ラ、のリフレイン

 以前に書いた「いつか聴いた歌」 (和田誠著 文春文庫)を読み終えました。この本は単行本として1977年に刊行され、1996年に文庫版が出ています。もともと雑誌に連載されたものをまとめさらに新しく書き加えたりしたもの、それでももう20年前のものです。  77年だと40年近く前、和田誠がまだ40代だった頃ですから、戦前戦後の音楽とは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧日本軍の飛行機とギター

 ギターはボチボチ続けていて、最近覚えようと苦戦しているのは「Can’t Take My Eyes Off of You」 歌詞がなかなか覚えられません。クリシェ、半音づつ下がっていくコード進行、フォアシーズンズが歌い後にボーイズタウンギャングがディスコ調にアレンジしてヒットしました。  弾いているエレキギターは手に馴染んだ2本、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビートルズのコピーバンド

 少し前に映画のベストテンの話で、我がベスト1は「ウエストサイドストーリー」、2が「ビートルズがやってくる・ヤア、ヤア、ヤア」だと書きました。これは見た回数の多い順でもあります。30回を越えた辺りからもう数えていませんが、繰り返し観たお気に入りの映画だということです。  初めて観たのが両方とも高校生の時で、その当時の若かった感性に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いざとなったら供給量不足

 2,3日前に若い人から電話があって、若いたって40過ぎですけどね、何かと思えば「今日ZIP-FMで一日中ビートルズの曲を流してますよ」という案内。ZIP-FMというのは名古屋のFM局、ビートルズファンだということを知っていてわざわざ教えてくれたという事です。  そういえば今ポールマッカートニーが日本公演のため来ています。そういう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エレキギター、その後

 安倍総理の一連の動きは、結局のところ、中韓から日本を取り戻す。その為には日米関係が重要だ。日本だけで中国と対峙するには、自分で手足を縛ってしまっている。しばらくは従属といわれても日米関係を緊密にするしかない。  そう思っているのではないかと、その結果がTPPであり増税であり、一連の新自由主義的日本の市場開放ではないかと思えます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「エピフォン カジノ」

 藤圭子が高層マンションからの転落死と言う痛ましい事件がありました。彼女とはほぼ同世代ですから、デビュー以降昭和の時代を、それぞれの生き方を経て、その怨歌とも言われた情念のこもった歌声を思いだし、些か哀感胸に迫るものもあります。  今は演歌、歌謡曲は下火で、TVでもテレビ東京くらいしか番組を持たず寂しい限りですが、昔は全国民が共有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パームスプリングスで会談したり、青春したり

 「パームスプリングスの週末」という青春映画がありました。1960年代、主演はトロイ ドナヒュー、長身、金髪のハンサム、主題歌も歌っていて「リブ ヤング」、今でもメロディが口をついて出ます。「パーム」とあるからつい海辺の椰子と思っていたら内陸砂漠地帯だったんですね(映画は未視聴)。  オバマさんと習近平さんがパームスプリングスでト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「春がいっぱい」

 ネットをあちこちするうち、シャドゥズの曲をギター演奏しているYOUTUBEに当たりました。シャドゥズオリジナルではなくどなたかが弾いているものです。聞き覚えのある懐かしい曲、お気に入りにしてこの所よく聴いています。 (http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=2Eml…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more