テーマ:オートバイ・車・飛行機

2019年 鈴鹿8時間耐久レース

 8月19日はハ.イ.ク、語呂合わせでバイクの日。俳句の日もありますか?・・有りますね。バイクの日を云い出したのはヤマハ発動機、もう30年以上前のことです。面白いと思いましたがバイクメーカーはヤマハだけではない。これじゃヤマハバイクの日になってしまう。  誰でもそう思うわけで裏側良く知りませんが多少悶着はあったのでしょう、翌年か翌…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

有朋自遠方来

 「ともの遠方より来たる有り、また楽しからず哉」、この「朋」は友達と云うより同朋、同じ仲間という意。6年ほど先輩だし、アマチュアのオートバイレースに関わってきた者からすると雲上人、神様みたいなもので恐れ多いんですがお仲間という事で。  OB会が知多である。ついでに寄りますと2ヶ月ほど前に連絡があって、4月陽気も良かろうとオートバイ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

心平は栗原玲児の息子

 なんだかテレビ、朝から晩まで冬季オリンピックと南北朝鮮の政治ショウばかり。オリンピックの競技報道はまぁ判るけれど、この期に乗じた北朝鮮の韓国の鼻面引き回し劇を大騒ぎで伝える日本のマスコミ、北の核、ミサイル、拉致問題を忘れていますね。  何はしゃいでいるんでしょう。忘れているんではなく、て敵対国家である現実を忘れさせようとする意図…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

免許書き換えには高齢者講習が必要

 年が明けたら免許証の更新があるので前もって眼医者に行き検査。取り敢えずギリギリの視力、何とも云えないという事でしたからもう少し経ったら眼鏡を作ろうと準備をしていたところ、県公安委員会から葉書が届きました。  70歳以上の高齢者は高齢者教習を前もって履修しておかないと免許の更新は出来ませんという案内。ついては更新前に近くの自動車学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EVは内燃機関を凌いで普及するのか

 知り合いが乗っていた原付のスーパーカブ、突然バツンといってエンジン停止、あれこれさわってみても動かないので、タダというのを悪いから5千円で譲り受けた。しかしどうしても動かないので見て欲しいと若い友人が連絡してきました。  工場は閉めたので軽トラの荷台を作業台にしてエンジンを降ろしバラしてみると、丸まった薄い鉄板がポロリ。クランク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オスプレイは高性能だから目の仇 

 8月7日に米軍普天間飛行場所属のオスプレイがオーストラリアで訓練中に墜落した事故、陸揚鑑に着艦する際甲板に接触し墜落。正式な原因はまだ発表されていませんが要するに機体操縦の失敗、だから繰り返し訓練して練度を上げる。  2016年12月には沖縄名護市の海上でオスプレイの不時着事故がありこの時は空中給油訓練時に給油ホースにブレードが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EVはこの先主流となっていくのか

 「ボルボ、全車種をEV・ハイブリッドに 19年から 」というニュースは目を引きました。思い切った事をするものだと、同時にはたしてそれでボルボが自動車メーカーとして存続出来るのか。素人には判断の付きかねる事件です。  ボルボといえば我々の世代、ラリー競技で名をなしたというブランドイメージがあります。その後イタリアデザインの2ドア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懸念高まるオスプレイ、なんだそうで

 昨日3月6日の中日新聞で、「懸念高まるオスプレイ」という1ページを使った特集記事、ニュースがわかるA to Zという読み物がありました。昨年暮れに沖縄で大破事故を起こしたオスプレイ、安全が不安視されているだけに改めて懸念が高まる・・・。  陸上自衛隊は予定通り配備に向けた準備を進め、在日米軍も横田基地に配備する計画があり日米計5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済的合理性からするとC-2は要らない

 先日写真を撮ってきたC-2輸送機、同じカワサキ国産の先発C-1輸送機と翼形状等プロフィールはよく似ています。高々度を飛んでいる場合などは見分けがつき難いけれど低空ではすぐ判ります。大きさとそれから音、音量、音質。  エンジンも大きくなっているけれど静かです。だから非常にゆったりと舞い上がって行く様子に見えて先代に比べ進化している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小物感漂う哀愁のチャイナ

 アパホテルに南京大虐殺はないと主張するホテル経営者の著作が置かれて大騒ぎになっている問題、騒ぎの発端、中国人男性と白人女性カップルのネット発言に中国政府の広報官までもが口を出し始めてなんだこれはと呆れ返ります。  中国は南京30万人大虐殺がでっち上げである事を判っているからこうして反応するんでしょうね。せっかく日本人には30万人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「飛燕」

 若い友人に子供が生まれ、男の子、名前を飛郷(ひさと)としたそうです。名前の由来は飛行機の飛、飛燕の飛、彼の家は各務原飛行場の滑走路の延長線上にあり、小さい頃から空掛ける飛行機を仰ぎ見て育って来ました。  いつだって飛行機が身近にあった我が故郷、初めての男の子の誕生を喜びこの名前を付けたそうです。音の響きも良いし良い名前です。その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

X-2 ステルス実証機  目撃!

 一昨日の事、電車で出掛け駅のホームで待っていたら、上空をジェット機の通過する音。通常よりは少し音が大きかったので見上げたら2機平行して飛び去っていきました。1機は見慣れたF2戦闘機、もう1機は赤白の機体の不明機。  急ぎバッグの中からカメラを取り出そうとしましたが間に合わず。もうこれはX2実証機「心神」しかないでしょう。4月に初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トライアンフとロック

 思ってもみなかった事でエレキギターが1本手に入り、それが欲しいと思っていたギターメーカーのモデル。不思議な縁しさえ感じてここの所熱心に弾いています。3年ほど前、新しいギターが欲しくて楽器店をめぐりネットで検索したりしていた夢の続きです。  まぁ、「夢」は少々大袈裟ですが欲しいと思っていたアリアプロⅡのセミアコ、製造年はシリアル番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日産自動車、三菱自動車を傘下に

 三菱自動車の燃費不正問題は何処へ行くかと見ていたら、日産が2000億円超の出資を行って傘下に収めるという動きになったようです。中国、韓国資本に乗っ取られる恐れは無くなったもののすっきりしません。  既視感があって、叩かれて株価下落、売り上げ低迷でフラフラになったところを安く買われてしまった雪印の前例が思い浮かんできます。浮かんで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

X-2 国産ステルス機 初飛行

 ステルス実証機X-2、昨日22日の午前中に初飛行、小牧空港から岐阜各務原基地への初フライトを無事終えました。天気は良く晴れて、少し風があるとは思ったのですがこれは問題なかったようです。  ネットを探してみると初飛行の様子YOUTUBEにいろいろ上がっています。その中から3分ほどの映像を共有させてらい貼り付けてみました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三菱自動車の燃費改ざん その他

 20日の国産ステルス機の初飛行、雲が多くて延期となったようです。9時半まで待っていましたが用事が有ったため写真はネットで拾ってと思い出掛け、中止は昼頃に知りました。残念、まぁ仕方がありません。期待されているからと拙速は無用。  ただ、この所三菱の失態が目に付くので、よもや小牧製作所もグズグズではあるまいなと少しばかり心配な部分も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛行機とオートバイ

 ここのところ赤と白の綺麗な塗装の大柄な飛行機が飛んでいるのをよく見かけます。伴走機が付いていてそれがC1輸送機であったりT4練習機であったり、これはC2輸送機ですね。試験飛行中にあちこち問題点が出て来て遅れていたけれど改善されて来たのでしょう。  この飛行機は川崎重工が製作して岐阜各務原飛行場をベースにしています。小牧には三菱重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国産ステルス戦闘機 「心神」

 昨日の新聞1面、アメリカの研究機関が重量波が捉えたというもの、先般ノーベル賞を受賞した梶田さんがこれからの研究課題としていたもので、先を越されたのは残念ではありますが、凄い事らしいので素直に快挙を賞賛しておきましょう。  しかし宇宙の科学の奥深さには、とても付いていけません.そのスケールのでかさ、時空間の想像を絶する広がりには驚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「これからヤバイ世界経済」 三橋・渡辺対談本

 昨日は久しぶりにオートバイのエンジンを掛けて、20㎞ほどを走って来ました。2ヶ月近く掛けていませんから冬の寒い朝に始動させるのは一仕事です。600ccの単気筒でセルはありませんからキックスタート、10数回ほど蹴飛ばしてやっとボロンと来ました。  一昨日書留郵便の不在票がポストに入っていて、再配達の依頼をする手間よりは出掛けた方が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この夏北海道ツーリングへ出掛けた人

 少し前の話なんですが、6月下旬に北海道をオートバイでツーリングをしてきたという若い人がいて、帰って来てからおみやげ話を聞かせてもらいました。随分楽しい思い出が出来たようで喜んでいました。彼にとっては2年越しの夢の実現でしたからそれも判ります。  去年の9月でしたか、北海道ツーリングへ行くと決め計画を立てていたようです。ところが9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鈴鹿8時間耐久レース

 一昨日(26日・日曜日)は鈴鹿8時間耐久レースをたっぷり堪能しました。午前11時半のスタートから午後7時半のフィニッシュまで、8時間ズーッとTVを見続けでした。正確に言うと夕方5時頃の1時間は席を外して休憩しましたけれど、こんなにTVを見続けたのは記憶にありません。  家人は何回も「おもしろい?」と聞いてきます。サーキットをグル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホンダジェットのお披露目飛行

 28日火曜日の夜は、女子中学3年生ペアの卓球を見て心が和みました。14歳と15歳、初々しく健気に日の丸を背負い世界と闘っていました。こぼれた球を拾いに行くにも二人一緒、頷き合って攻撃の意志確認、日本人がここにいる、頑張れと声を挙げて声援しました。  それが終わると「なんでも鑑定団」、10時からは「ガイアの夜明け」、NHKニュース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳優のオートバイ事故死

 俳優の萩原流行がオートバイを運転中事故で亡くなったというニュースがありました。62歳だという事。昨今若い人達はあまりオートバイに興味は示さず、身の回りを見渡しても10代は知らず、20代が2,3人、40.50.60代のオートバイ乗りが目立ちます。  どんな状況の事故だったのか今の所よく判りませんが、還暦を過ぎれば身体能力、判断力が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

零戦の見学 

 少し前に放送されたテレビ東京の「永遠のゼロ」、3夜にわたり10時間近い長丁場でいささか冗長ではありましたが、こういう手間の掛かるドラマを制作したという事は認めたい。主人公は向井理でしたが、もう一人、というかもう一機、ゼロ戦こそが主役でもありました。  そのゼロ戦を見に行きませんかと、見学の手配をしてくれる人が居たものですから出掛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「零式戦闘機」  吉村 昭 著

 前回吉村昭の小説のことを書いて、この作家が、記録、状況、証言を調べ上げる人だと書きました。憶測ではなく本人がそう書いています。「史実を追う旅」(文春文庫)で、・・昭和41年から7年間私は戦史小説を書いたがあくまでも史実に忠実であることを念願とした・・  その一例として挙げたのが「零式戦闘機」(新潮文庫)、零式(れいしき)とは零戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間違いだらけのグローバル化

 自動車評論家の徳大寺有恒という方が亡くなったというニュースが少し前に流れました。名前を知っているだけでこの人の書いた本を買って読んだことはありませんが、元々はトヨタチームのレースドライバーだったという経歴、しかし当時この名前を聞いた事はなかったように思います。  1960年代のワークストヨタチームといったら、思い浮かぶ名前は細谷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国製のコピーバイク

 知り合いの、この人は68か69歳、仕事は日本画や書の掛け軸を扱う商売。なのにオートバイが趣味で、現在もイタリア車のモトグッチ750ccに乗っています。他にスクーターのベスパ、さらにホンダのドリーム50というバイクも持っています。  このドリーム50、50ccの原付は、公道仕様ではなくサーキット走行が出来るように余分なパーツは取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧日本軍の飛行機とギター

 ギターはボチボチ続けていて、最近覚えようと苦戦しているのは「Can’t Take My Eyes Off of You」 歌詞がなかなか覚えられません。クリシェ、半音づつ下がっていくコード進行、フォアシーズンズが歌い後にボーイズタウンギャングがディスコ調にアレンジしてヒットしました。  弾いているエレキギターは手に馴染んだ2本、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残念ながら、オスプレイは大人気

 米海兵隊の垂直離着陸輸送機オスプレイが東日本に初めて飛来した。今後、訓練を各地に広げるというが、安全性への懸念は解消されていない。危険を拡散するだけなら、許すわけにはいかない。  7/21付けの中日新聞社説のリードです。以下、読んで行くと許すわけにいかない訳は、「開発段階で4回墜落事故を起こし30人が死亡している」「安全性が確立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1961年頃の外車

 昨夜7時半からNHKTV、「ダーウインが来た」を見ていたら、アフリカサバンナに棲むインパラの生態を放送していました。インパラと聞いてシボレー・インパラを思いだし、前回の続きで1961年の外車カタログ誌、毎日グラフの思い出。  その毎日グラフの内容、海外車両の写真と解説記事の最後に、入荷○○台と書いているのがすぐには判らず、かなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more