アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ときどき ぶつぶつ
ブログ紹介
 ネットには素晴らしい意見や解説があふれています。
 なかなか難しいものもあって、自分なりに咀嚼するために纏めた文章です。勘違いもあるかも知れません。
 その節は平にご容赦。
 そして目から鱗を剥がしてくれる諸氏の視点、指摘。いつも有り難く拝見しております。
 独り占めは勿体ないし、偏向マスコミに世論をねじ曲げられないようにと僭越ながら公開しています。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
文科省前次官の会見という茶番
文科省前次官の会見という茶番  国会の動き一連を眺めていると、野党民進党、共産党、その他のやっている事は安倍政権潰し、および彼等のいう共謀罪(正式名 テロ等準備罪)の廃案だと判ります。だからハナからまともに審議する気はありません。ひたすらケチをつけ邪魔をする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/26 08:11
相変わらずの偏向報道
相変わらずの偏向報道  加計学園騒動でテレビ朝日の報道ステーションが捏造報道をしたと、加計学園が出した資料はたった2枚とかMERSをMARSと書いてあるとか。指摘されて謝罪するかと思えば音無しだそうで、こんな事これ迄マスコミはやって来たんですねぇ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/24 08:12
法案阻止が迷走してまたもブーメラン
法案阻止が迷走してまたもブーメラン  民進党が満を持して自民党安倍政権攻撃に取り上げた加計学園事案、見事なブーメラン効果で自分たちにグサリ。何の事はない、誘致に懸命だったのは民進党江田五月議員とその元秘書だった高井たかし議員、地元はそれで喜んでいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/22 09:10
テロ等防止法案 衆院法務委員会 可決
テロ等防止法案 衆院法務委員会 可決  森友学園ネタが手詰まりとなったら次は加計学園に手を出して、野党4党の事です。中でも声が大きい民進党、野党第1党だからって張り切るのは判るけれど、なんだか共産党の風除けになって先頭に立ち、蹴つまずいたら一人泥かぶりそう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/20 08:16
吉田氏長男 謝罪碑文取り消し
吉田氏長男 謝罪碑文取り消し  戦争中に済州島へ渡り、若い娘を狩り込み慰安婦に仕立てたという壮大な嘘をついて、それを朝日新聞が大きく取り上げ、現在の従軍慰安婦問題の火付けをした故吉田清司。追い詰められたら新聞だって嘘を書くと言い逃れ。結局嘘はバレて朝日新聞は関連記事を取り消し。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/18 09:32
太陽光発電普及で電気代上乗せ
太陽光発電普及で電気代上乗せ  隣町の住宅や工場が点在する丘陵斜面に、太陽光発電のパネルが設置されていて、これが見苦しい。丘の斜面は均一に傾斜していませんからそこにパネルを貼り付けていくと波打ってあっち向いたりこっち向いたり。規模が大きい分不揃いが目立ちます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/16 08:58
この国家が、他国によって汚されているということ
この国家が、他国によって汚されているということ  新聞の紙面は限りがあるから取り上げるニュースは自ずと選別されます。何でも掲載する訳ではないと云う事は理解します。どれを選ぶかは各新聞社の編集権ってやつで主義主張の違いはその新聞の個性、特色でしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/14 07:50
何時までも森友にすがる民進党
何時までも森友にすがる民進党  フランスと韓国の大統領選が終わって、新しい指導者による政治情勢への対応を見定めつ、国内政治の舵取りもボヤボヤしてはおられません。親北反日大統領の誕生はこれまで以上に安全保障関連の警戒を万全にして置く必要があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/12 09:36
極右のレッテルをペタペタ貼る
極右のレッテルをペタペタ貼る  フランスの大統領選挙、マクロン氏がマリーヌ・ルペン女史に大きく差を付けて勝利、次期仏大統領に決まりました。選挙戦の対立軸はEU残留か、脱退か。テロの続くフランスで移民、難民問題がもたらす治安の悪化をどうするのかという争点でもありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/10 08:30
旗日には国旗を掲揚する
旗日には国旗を掲揚する  ポール・マッカートニーの東京ドーム公演、ステージの終盤になってポールが大きな日の丸を持ち出して振り回すというシーンがありました。バンドの誰かが彼らの国旗、ユニオンジャックを同じように振り回し会場は大いに盛り上がりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/08 08:22
憲法改正 2020年までの成立を目指す
憲法改正 2020年までの成立を目指す  現行憲法を有り難く押し頂いて、変えてはいけないと云っているのは日本くらいのもの、諸外国は必要に応じ結構頻繁に変えています。当初はこれで十分と考えて作ったものも、時代の変遷の中で平仄が合わなくなるものも出て来ます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/06 08:38
靖国神社に参拝
靖国神社に参拝  東京ドームでのポール・マッカートニー公演が終わった次の日、総武線で飯田橋へ出てそこから10分ほど歩き靖国神社に参拝してきました。以前に数回訪れていますが、参道入り口の大鳥居を仰ぎ見るとその巨大さに圧倒されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/04 08:59
ポール・マッカートニー、東京ドーム公演
ポール・マッカートニー、東京ドーム公演  4月25日、北朝鮮がミサイルを発射、しかし失敗。これで当分は北朝鮮の軍事挑発はないものと思っていたら4月29日再び発射、これも失敗。この時東京の地下鉄、北陸新幹線は運行を一時停止、安全確認後再開。東武鉄道も見合わせ。北の挑発は続きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/02 08:43
介護法強行採決の中身
介護法強行採決の中身  相変わらず民進党は与党議員のミスをつっ突く事しか出来ません。提案型政党を目指すなどと格好を付けてみたもののやってる事は守株、ひたすら相手のミスを待ちその一部を切り取って増幅し、自民ガー、安倍政権ガーと揚げ足取り。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/28 08:12
「ビートルズを呼んだ男」 野地秩嘉著
「ビートルズを呼んだ男」 野地秩嘉著  近くのショッピングセンターでテナントの入れ替えが行われて本屋さんが変わり、随分と売り場面先が広くなりました。様子を見に出掛けて、中にスターバックスや中古ギターのお店もある新しい業態。本も古本買い取り、販売もしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/26 08:11
ソメイヨシノは韓国原産ではないと無慈悲な結論
ソメイヨシノは韓国原産ではないと無慈悲な結論  桜の花、今年は例年より咲くのが遅かった。今日あたり濃尾平野近辺、花はほぼ散って今は葉桜。3月の終わりから4月半ばにかけて年々歳々見事に咲いた桜を愛でる楽しみ。桜前線北上しこれからの所もあって日本の季節の豊かさ、美しさ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/24 08:23
民進党 ブーメランスパイラル
民進党 ブーメランスパイラル  まぁしかし、民進党の体たらく、自民党の些細な失点を見つけてはケチをつけるばかり、国会質疑の論戦という本質からはほど遠い時間つぶし。国民に選ばれたエリート達がそんな事で口角泡飛ばしてイヤにならないのかと呆れてしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/22 08:56
「平和は力によってもたらされる」
「平和は力によってもたらされる」  ペンス副大統領が来日して安倍総理と1時間半にわたって会談。それを伝えるメディアの報道、いつものNHKと中日新聞記事ですけれど、ポイントは「平和は力によってもたらされる」という副大統領の発言。これをハッキリと伝えていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/20 09:22
北朝鮮 無慈悲な報復攻撃と脅かす
北朝鮮 無慈悲な報復攻撃と脅かす   北朝鮮外務省のシンクタンク、軍縮平和研究所は13日、トランプ米政権が北朝鮮に対する軍事力行使も選択肢とする構えを示していることを非難し「わが軍は米国がぴくりとでも動けば、 無慈悲な報復攻撃で敵対勢力の頭上に核の雷を落とす」と警告する報道官談話を発表した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/18 08:30
外交の危機だ、「あら探し」は止めようと民進党議員
外交の危機だ、「あら探し」は止めようと民進党議員  今週の週刊新潮、文春、最早この2誌といえど独自取材によるジャーナリズムの冴えを記事に求めるのは無理であると改めて思い知らされます。何を今更と云われそうですが、まだ少しは期待する所もあって、しかしここも何かの力によって記事は歪みます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/16 08:23

続きを見る

トップへ

月別リンク

ときどき ぶつぶつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる