モグラ退治 効いたのは煙幕かナフタリンか

 歩いていて、隣の町内のゴミ捨て場に何か透明ファイルに入った紙がぶら下がっている。A4サイズに写真も入って印刷、読ませて貰うと、ゴミをカラスが突ついて処置ないから黄色いネットを用意した、併せて手作りカラスも置いてみたと書いてあります。

 確かにカラスが引っ括られている状態の疑似カラスがぶら下がっていました。少し小型だけれど誰が見てもカラスに見えます。カラスもこれを見たらカラスと思う(?)筈。目が張り付けてあってこれがカワイイ。白目の多い人間の目。

 カラスの目は全部丸く真っ黒で手作り模型では光り物の黒にしないと判らないでしょう。だから人間の目になったのか、でもそれは愛嬌があって可愛らしい目でした。それで読んでいくと、この効果はあったようで、2匹用意ししてぶら下げてあった。

 ところが1匹盗まれていなくなってしまった。仕方がないのでまた作ったけれど再度盗まれた。それでその時ぶら下がっていたのは1匹だけ。盗まれて困惑の態。他にもネット横からカラスが入らないよう蓋を用意したりとご苦労と成果が書かれていました。

 カラスと人間の知恵比べ、カラスは頭が良いそうですから対策しても隙があるとゴミ場が荒らされます。その後2,3週間してから通り掛かったらカラスは2匹ぶら下がっていました。何匹作ったのやら、労作、盗まれるほど効果があるんでしょう。

 害をなす小動物、害獣、ま、向こうは生きてくのに必死で人間の思惑なんか知っちゃいないし彼らにとって人間は害をなす存在だからいい迷惑だと思っているかも知れない。大体俺らの領域に入り込んでくるなとも思ってるんでしょうし。

 うちの庭に一本木蓮があって、春先には白い花を開き毎年目を楽しませてくれました。ただ花びらが落ちた後、秋には落ちた葉の始末が結構大変で、母親が一人になり足も弱って掃除が出来なくなったこともあって片付けることにしました。

 庭は小川に面していてブロックで仕切られていましたが、以前の工事が雑で少し見苦しい。これを改修することにして庭の植木等一切をなくし平地にしてしまいました。スッキリした庭になったけれど殺風景、入れ換えた土が山土で雨が降ると靴の裏に付いて始末が悪い。

 石を入れるか砂を撒くか、でも夏が暑そう。そこで芝生を植える事にして4月に一面芝生を張りました。順調に緑が育って何もない庭も良いもんだと思っていたんですが、9月になったある日、芝生の一部3カ所ほど土が盛り上がっていました。

 モグラが出てきてトンネルを掘りその余った分の土をそのまま。土をどかすと直径5.6センチほどの穴が開いています。どうするか、HCへ行き調べるに、音で脅かすモグラよけがあって、太陽光発電が電源。売場に聞くと効果有ると太鼓判。

 その売場主任さん、実家が農家で同じく困っていてこれを3本ほど立てたら居なくなったと自信ありげに云います。音の大きさが気になりましたが土の中に刺すので外には微かに聞こえる程度。さっそく買ってきて差し込みます。効果の程は、なかった。

 
画像

 
 もう一本買ってきて差し込むものの矢張り効果なし。モグラは平気で新たな土盛り。またHCへ行き物色、捕獲器は後処分が大変だから外す。中に蜂退治用の爆竹というか煙幕花火。これをモグラ穴に突っ込めば効きそう、5本買ってきてテスト。

 まず2本、分かれたモグラ穴に突っ込んで点火。15秒ほど煙が穴に拡散、からを取り出し穴を塞いでおきます。翌日また2本点火、これは効果有りました。

 その後モグラの土盛りはなし。と、これで終わらない、一月ほど後、また土盛り。花火を買い足して再び点火、加え臭いでの防除用品もあったので、これでも効くだろうとナフタリンを筒に入れモグラ穴へ入れておきました。以後2ヶ月ほど経って、モグラ出て来ない。

 
画像


 今朝の芝生、花火が効いたのかナフタリンが効いたのか、煙幕の脅しが効いてナフタリン効果が持続、かな?

 昨日と今朝の岐阜新聞、「県農業大学校で豚コレラ 県施設2例目感染」と1面他。9月に養豚施設で豚コレラ発生。イノシシの感染、野生も飼育イノシシも、厄介な事態になってしまいました。野生イノシシは県が指導したって云う事を聞きませんからね。

 一昨日岐阜市役所に勤める若い人と会って話を聞いたら、県で対策を講じるものの人手が足りない、彼の部署にも要請が来て課長がかり出されたそうです。何をやるかと云ったらイノシシの居そうな山へ行き消毒作業の実施。

 確かに先週いつもの山歩きをした時、登り口に白い薬剤、石灰が撒かれていました。登り口なんて一杯有りますからあちこちに白い散布跡。人の移動で感染が拡大するのを防ぐ思案。そりゃまぁやってみるしかないけれど、大変だ。

 さすがに地元の新聞ながら県の取る対策の効果への疑問や検査態勢、人への防疫処理の甘さを指摘する厳しい意見が書かれています。初期封じ込めに失敗して感染が拡大しつつある。はじめは消せる小さな火です。国防も一緒ですけどね。

 
画像


 雨は明け方に上がって青空。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

吉井
2020年06月20日 12:17
吉井
2020年06月20日 12:19
吉井
2020年06月20日 12:25
我が家もモグラで困っています、モグランは効き目がありませんでした、ナフタリンを試したいと思います、何粒ぐらいですか、容器はどんなものがよいですか、教えて下さい
ひろびろ
2020年06月21日 20:05
吉井さん

モグラ結構しぶとくて厄介ですね。
このブログを書いてしばらくはモグラ見なかったのですが、3か月後位にまた新しい土盛りがありました。しぶとい。

多分ナフタリンは効かなかったんだろうと、蜂の巣用の煙幕10本ほど買ってきて(@100円くらい)穴の2か所に煙を充満させ木の板で蓋をしておきました。
それを2回繰り返して、いや3回だったか、それからは新しい土盛りは有りません。もう1年半になりますか、煙が効果的だったように思います。
モグラ専用の煙幕もありましたよ。ただ一袋の数が多くて高くなります。
蜂用は1本で買えましたから無駄がなかったです。
ご参考になれば。